「頭がいいから陰湿」なイジメ…公務員「ホワイト」だけじゃない現実 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「頭がいいから陰湿」なイジメ…公務員「ホワイト」だけじゃない現実

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
公務員の忙しさや仕事の煩雑さは部署によって差がある。忙しい部署は深夜残業がザラ(立体イラスト/kucci、撮影/写真部・馬場岳人)

公務員の忙しさや仕事の煩雑さは部署によって差がある。忙しい部署は深夜残業がザラ(立体イラスト/kucci、撮影/写真部・馬場岳人)

 民間企業は、大手であってもいつ経営不振に陥るかわからない時代。それと比較すると、公務員の安定性は際立つ。だが、そんな「ホワイト」な面ばかりではない。公務員だって「ブラック」な働き方を強いられているという嘆きも聞こえる。

 東京・霞が関。あるキャリア官僚(48)はこう語る。

「あまりよくないのかもしれませんが、正直、月100時間ぐらいの残業はたいしたことがないと思っています。深夜、このあたりを歩いてみてくださいよ。残って仕事をしている職員が、山ほどいますから」

 国会答弁や法案作りに忙殺され、30 代のころは残業が月200時間に迫ったこともある。それが3~4カ月続いたときには起床時に体が動かなくなり、家庭も壊れかけた。

「これだけ働いてこの給料か、とばからしくなって、最近はやめてしまう若者が多い」と嘆くが、男性は「国を支える」というきつくてもやりがいのある仕事に誇りを持ち、それに耐えてきた。支払われる残業代は、時間に対して半分程度だ。

「熱い志を持つ青臭いブラック企業」

 自身が所属する省を、そう評した。

 ある40代の財務官僚には、残業以上につらいことがある。特定の上司による、パワハラまがいの「言葉のイジメ」だ。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい