柴咲コウ「人生はらせん状」30代は生きやすいと語るワケ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

柴咲コウ「人生はらせん状」30代は生きやすいと語るワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
野村美絵週刊朝日
柴咲コウ(しばさき こう)/1981年生まれ、東京都出身。連続ドラマ「ガリレオ」シリーズ(2007、13年)、「○○妻」(15年)、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(17年)、映画「ねことじいちゃん」(19年)など、出演作多数。「連続ドラマW坂の途中の家」(WOWOW)は毎週土曜22時から放送中。本作の主題歌「silence」の作詞・歌唱も務める。公開待機作に映画「燃えよ剣」(20年予定)がある。 [COVER STAFF 撮影/木村哲夫、ヘア&メイク/SAKURA(アルール)、スタイリング/岡本純子、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO)

柴咲コウ(しばさき こう)/1981年生まれ、東京都出身。連続ドラマ「ガリレオ」シリーズ(2007、13年)、「○○妻」(15年)、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(17年)、映画「ねことじいちゃん」(19年)など、出演作多数。「連続ドラマW坂の途中の家」(WOWOW)は毎週土曜22時から放送中。本作の主題歌「silence」の作詞・歌唱も務める。公開待機作に映画「燃えよ剣」(20年予定)がある。 [COVER STAFF 撮影/木村哲夫、ヘア&メイク/SAKURA(アルール)、スタイリング/岡本純子、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO)

 外面的なものだけでは醸し出すことのできない、美しさ。「10代、20代の頃より生きやすくなった」と語る、柴咲コウさんの原動力とは──。

 凜としたたたずまいは、強い意志を感じさせる。柴咲コウさんの言葉もまた、真っすぐだ。

【写真】美しすぎる柴咲コウ

「10代、20代の頃より30代の今のほうが生きやすくなり、“自分に与えられた役割を全うしよう”という気持ちが強くなりました。昔は“本当にこれが自分の生き方として正しいのか”という迷いもあったと思うんです。イメージが先行して本来の自分と離れてしまったり、自分が思う事実とは違うことが雑誌に書かれたりすると、疑問や不信がわいてくる。ただ、一つひとつ抗ったり、執着する暇もない。気にしないでいれば気にならなくなるので、自分の気持ち一つで、世界は変わると感じます」

柴咲コウさん [COVER STAFF 撮影/木村哲夫、ヘア&メイク/SAKURA(アルール)、スタイリング/岡本純子、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO)

柴咲コウさん [COVER STAFF 撮影/木村哲夫、ヘア&メイク/SAKURA(アルール)、スタイリング/岡本純子、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO)

 出演中の「連続ドラマW 坂の途中の家」は、まさに「自分の気持ちで世界が変わる」ことを示すような物語だ。演じるのは、3歳の娘を持つ専業主婦の山咲里沙子。子供を虐待で死なせてしまった女性の裁判に補充裁判員として参加することになり、その姿を自身に重ねていく。登場人物にわかりやすい悪人はいないが、夫や義理の両親、周囲の人々の何げない言動が、里沙子の心に棘(とげ)のように突き刺さっていく。


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい