令和版“作家への道”SNSやユーチューブが入り口に カギは「コンテンツの独自性」

2022/11/07 17:00

 原稿用紙に作品を書きため、出版社に持ち込むのが作家のデビュールートだったのは昭和の時代。近頃は、インターネットへの投稿がきっかけで出版につながるケースも珍しくない。書き手の軌跡や、編集者側の視点を探った。

あわせて読みたい

  • スープで「簡単だけど豊かな食事を」 スープ作家・有賀薫

    スープで「簡単だけど豊かな食事を」 スープ作家・有賀薫

    AERA

    9/13

    直木賞作家・黒川博行の三年分の原稿が消滅!「PCフリーズ放置したら永眠」
    筆者の顔写真

    黒川博行

    直木賞作家・黒川博行の三年分の原稿が消滅!「PCフリーズ放置したら永眠」

    週刊朝日

    4/2

  • 残酷かも…直木賞作家が小説家志望のひとに伝える「率直な話」
    筆者の顔写真

    黒川博行

    残酷かも…直木賞作家が小説家志望のひとに伝える「率直な話」

    週刊朝日

    5/20

    なぜ受賞作をネットに全文無料公開? 作家・川内有緒の決断の舞台裏

    なぜ受賞作をネットに全文無料公開? 作家・川内有緒の決断の舞台裏

    AERA

    12/22

  • 作家・朝井リョウ「10年、20年続けるのは厳しい」と悩みを告白

    作家・朝井リョウ「10年、20年続けるのは厳しい」と悩みを告白

    週刊朝日

    9/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す