俳優・大倉孝二「怒られることで立ち位置を確認して安心できる」

2022/10/28 08:00

 くだらないこと。バカバカしいこと。何の役にも立たないこと──。今から四半世紀ほど前のこと、俳優の大倉孝二さんがケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)さん率いる劇団「ナイロン100度(ひゃくどしー)」で演劇に取り組み始めた頃、そこで上演される作品は、ナンセンスなコメディーばかりだった。

あわせて読みたい

  • 俳優・大倉孝二「芝居作りは恥ずかしい。負荷以外の何物でもない」

    俳優・大倉孝二「芝居作りは恥ずかしい。負荷以外の何物でもない」

    週刊朝日

    10/29

    なぜ松尾貴史は20年以上舞台に立ち続ける? 理由は“東西の師匠”の導き

    なぜ松尾貴史は20年以上舞台に立ち続ける? 理由は“東西の師匠”の導き

    週刊朝日

    8/6

  • 佐々木蔵之介、実はコンプレックスだらけだった 俳優になった理由

    佐々木蔵之介、実はコンプレックスだらけだった 俳優になった理由

    週刊朝日

    5/10

    二元論で語られがちなSNS時代 “演劇人”千葉雅子が大切にしていること

    二元論で語られがちなSNS時代 “演劇人”千葉雅子が大切にしていること

    週刊朝日

    10/8

  • 佐藤二朗 原点は芝居を求めた“暗黒時代”

    佐藤二朗 原点は芝居を求めた“暗黒時代”

    週刊朝日

    1/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す