トマト缶が被災者を救う? 避難場所に温かい食事を届ける「レスキューキッチンカー」

ボランティア

2022/09/21 11:48

 台風14号が列島を襲い、避難所で眠れぬ夜を過ごした人もいただろう。大地震に見舞われれば、誰もが当事者になりうる。避難生活が長引くほど、被災者を苦しめるのが食の問題だ。配給されるパンやおにぎりもありがたいけれど、温かい食事もほしい……。そんな切なる要望に応えるためにできたのが、レスキューキッチンカーだ。

あわせて読みたい

  • 災害時のために食のリーダーを 避難所でせっかくの支援物資が腐る現実

    災害時のために食のリーダーを 避難所でせっかくの支援物資が腐る現実

    週刊朝日

    9/1

    温かい食事が当然の海外と雲泥の差…日本の“避難所”事情 海外避難所では不可欠な「TKB」とは?

    温かい食事が当然の海外と雲泥の差…日本の“避難所”事情 海外避難所では不可欠な「TKB」とは?

    AERA

    10/3

  • 2020年、次の巨大地震はどこか 最新科学が警告する「南海トラフより切迫」のエリア

    2020年、次の巨大地震はどこか 最新科学が警告する「南海トラフより切迫」のエリア

    dot.

    1/3

    震災関連死はこうして防げ! 9つの予防策とは

    震災関連死はこうして防げ! 9つの予防策とは

    AERA

    8/29

  • 竹増貞信「店舗の復旧進め必要な物を被災地へ」<コンビニ百里の道をゆく>
    筆者の顔写真

    竹増貞信

    竹増貞信「店舗の復旧進め必要な物を被災地へ」<コンビニ百里の道をゆく>

    AERA

    7/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す