瀬戸内寂聴の晩年17年に密着した中村裕監督が撮影日記につづる「青春時代の断片のような交流」

同名映画の書籍『瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと』発売

2022/05/29 11:30

 国民的作家、瀬戸内寂聴さん(1922~2021)の晩年を追ったドキュメンタリー映画「瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと」(中村裕監督)が27日から公開されるのに合わせ、映画と同名の書籍が刊行された。初公開される中村監督の「撮影日記」をはじめ、美術家の横尾忠則さん、作家井上荒野さん、俳優南果歩さんへのインタビューなどを収録。寂聴さんの含蓄深い言葉の数々や年表も加え、充実した内容になっている。

あわせて読みたい

  • 66歳年下の秘書が描く瀬戸内寂聴の元気と才気の秘密

    66歳年下の秘書が描く瀬戸内寂聴の元気と才気の秘密

    BOOKSTAND

    3/7

    ホリエモンも田中康夫も…瀬戸内寂聴さんはバッシングされた人の味方だった

    ホリエモンも田中康夫も…瀬戸内寂聴さんはバッシングされた人の味方だった

    週刊朝日

    11/17

  • 瀬戸内寂聴さんを17年間追った映像の軌跡 中村裕監督「ある種の恋愛とも言える」

    瀬戸内寂聴さんを17年間追った映像の軌跡 中村裕監督「ある種の恋愛とも言える」

    週刊朝日

    6/2

    作家・井上荒野「寂聴さんは本当に本当に、父のことが好きだったのだなあ」

    作家・井上荒野「寂聴さんは本当に本当に、父のことが好きだったのだなあ」

    週刊朝日

    11/19

  • 「傷口にペン先を当てて作品を書いてきた人だった」 瀬戸内寂聴の生き様がドキュメンタリー映画に

    「傷口にペン先を当てて作品を書いてきた人だった」 瀬戸内寂聴の生き様がドキュメンタリー映画に

    AERA

    5/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す