俳優と飲み食い、自らの欠点や未熟さをバラす 阪本順治監督の映画の作り方

2022/05/28 14:00

 鮮烈なデビューを飾った「どついたるねん」(1989年)以来、心に何らかの“欠損”を抱えた人間を描いてきた映画監督・阪本順治さん。60代に入り円熟期を迎え、原点回帰とも言える映画を世に送り出す。

あわせて読みたい

  • 「映画監督に必ずなる」 17歳の阪本順治を決意させたゾッとした体験

    「映画監督に必ずなる」 17歳の阪本順治を決意させたゾッとした体験

    週刊朝日

    5/26

    「仲間として受け入れる」 伊藤健太郎主演の映画に脚本・監督の阪本順治が込めた思い

    「仲間として受け入れる」 伊藤健太郎主演の映画に脚本・監督の阪本順治が込めた思い

    AERA

    6/6

  • 超贅沢な“ハードボイルド“コメディー映画 桃井かおりの号令で名優たちが集まった

    超贅沢な“ハードボイルド“コメディー映画 桃井かおりの号令で名優たちが集まった

    AERA

    7/9

    佐藤浩市に「お前、ダメになったな」と…阪本順治監督と“東京”
    筆者の顔写真

    延江浩

    佐藤浩市に「お前、ダメになったな」と…阪本順治監督と“東京”

    週刊朝日

    8/9

  • 赤井英和「仕事を通して二つの快感を体験できて幸せ」

    赤井英和「仕事を通して二つの快感を体験できて幸せ」

    週刊朝日

    7/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す