6時間超の映画「水俣曼荼羅」 原一男監督「水俣病の問題は解決していない」

2021/11/19 16:00

 上映時間、6時間12分。「ゆきゆきて、神軍」の原一男監督の「水俣曼荼羅(まんだら)」が公開される。「水俣を描いた映画ですが、ああ面白かったと言ってもらえるのが最高の褒め言葉だと思っています」と語る原監督に「今、水俣を撮る意味」を聞いた。

あわせて読みたい

  • 両陛下 お忍びで水俣病患者と面会した理由

    両陛下 お忍びで水俣病患者と面会した理由

    週刊朝日

    10/17

    ジョニー・デップが描く「水俣病」に地元が困惑 今も残る住民同士の“溝”は埋まるのか

    ジョニー・デップが描く「水俣病」に地元が困惑 今も残る住民同士の“溝”は埋まるのか

    dot.

    8/14

  • 普通の人が発症する「アスベスト」のリスク…原一男監督の新作が話題

    普通の人が発症する「アスベスト」のリスク…原一男監督の新作が話題

    週刊朝日

    3/19

    「福島は水俣病と流れが同じ」写真家が見た、公害とその後

    「福島は水俣病と流れが同じ」写真家が見た、公害とその後

    AERA

    3/15

  • “公害の原点”水俣病から60年 還暦迎えた患者たち

    “公害の原点”水俣病から60年 還暦迎えた患者たち

    週刊朝日

    4/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す