若手アスリートを「自分自身がコーチみたい」 丸山茂樹、世代の違いを感じる (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

若手アスリートを「自分自身がコーチみたい」 丸山茂樹、世代の違いを感じる

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹

丸山茂樹

今後が楽しみすぎますね (GettyImages)

今後が楽しみすぎますね (GettyImages)

 丸山茂樹氏は、金谷拓実選手の活躍、最近の若手アスリートの印象などについて語る。

【今後が楽しみ 金谷拓実選手の写真はこちら】

*  *  *
 欧州ツアーの「オメガドバイ デザートクラシック」(1月28~31日、アラブ首長国連邦・ドバイのエミレーツGC)で金谷拓実(22)が9位に入りました。

 プロとしては初参戦となった欧州ツアーで、いきなりトップ10ですからね。気候とか時差の慣れとか、いろいろ難しい部分がある中、この結果を出すのは立派ですよ。

 20位スタートで「つまずいたかな」なんて思ったんですけど、19位、22位と大きく崩れず、最終日に三つスコアを伸ばして9位まで上げました。4日間でうまくまとめるのが得意な子ですね。センスがいいんでしょう。

 無理をしたり、見栄を張ったりするプレーヤーじゃないですからね。あんまり環境に流されず、多少は緊張もするんでしょうけど、誰と回っても物怖じせず自分のペースでやれるってところも彼の長所だと思います。自分の中で、調子がよくなっていく決まりごとみたいなのが、しっかりとあるんでしょうね。

 最近の若いアスリートには、落ち着いてるなあって感じさせられるケースが多いです。持ってる情報量がすごく多いのが、落ち着きにつながってるんでしょうね。いろんなデータを保存して眺めて、自分のスイングも動画で見られるし。「いいときと比べてズレてきちゃってるな。長旅のあとだからこういう感じになるのかな」なんて、修正していくんだろうなあ。トラックマンを見ればスイングスピードの変化が分かりますし。あらゆることが自分で管理できる時代なんです。自分自身がコーチみたいな感覚なんだと思います。

 さて2月1日から日本のプロ野球チームがキャンプに入りました。桑田真澄さん(52)が巨人の投手チーフコーチ補佐として、まず選手をよく見て、とコミュニケーションをとるところから始めているようです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい