270キロでぶっ飛ばす 千葉に会員制サーキット開業へ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

270キロでぶっ飛ばす 千葉に会員制サーキット開業へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
菊地武顕週刊朝日
サーキットの完成イメージ=THE MAGARIGAWA CLUB提供

サーキットの完成イメージ=THE MAGARIGAWA CLUB提供

 自慢のスーパーカーを持ち込み、道路交通法にとらわれることなくぶっ飛ばす!──。アジア初の会員制サーキット「THE MAGARIGAWA CLUB」が、2022年に誕生する。

【写真】「神が作ったコース」とF1ドライバーが絶賛するサーキットはこちら

 開設するのは、フェラーリやランボルギーニなどの輸入販売を行うコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド。

「弊社の社長がスペインのアスカリサーキットに行ったときに、日本でもこういう施設ができればと強く感じたんです。スーパーカーのオーナーの皆さんは『飛ばしたい』という気持ちを非常に強く持っていますが、試す場がないと感じていらっしゃいますので」(同クラブプロジェクトオフィスの山口博義室長)

 場所は千葉県南房総市。全長3.5キロ、三重県の鈴鹿サーキットに匹敵する800メートルの直線があり、フェラーリ488でシミュレーションしたところ、最高時速は270キロに達したという。また、日光金谷ホテルが手がけるレストラン、温泉、スパ、プールやドッグランなども備える。

 日本スーパーカー協会の須山泰宏代表理事は喜びを隠せない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい