「半沢直樹」大和田暁役・香川照之が名言連発、「流行語大賞狙える」の声が (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「半沢直樹」大和田暁役・香川照之が名言連発、「流行語大賞狙える」の声が

このエントリーをはてなブックマークに追加
牧忠則週刊朝日#ドラマ
俳優の堺雅人(C)朝日新聞社

俳優の堺雅人(C)朝日新聞社

 俳優の堺雅人が主演を務めるTBSドラマ「半沢直樹」で、主人公・半沢に勝るとも劣らない人気を集めているのが俳優で歌舞伎役者の香川照之が演じる大和田暁常務だ。

【写真】半沢直樹の「妻」を演じる上戸彩の美しすぎるショットはこちら

 8月23日に放送された第6話では、大和田常務が半沢に対して、

「もっと銀行全体を見なさいよ。今回の件で万が一うちに落ち度があったと判断されれば、金融庁から業務改善命令が出されることは避けられないんだ。そうなったらうちは沈没だよ! 銀行沈没!」

 とまくし立てる場面が。沈没を「チンヴォツ!」と独特のイントネーションで発音すると、さらに

「君のことを信じてこの再建を任せてくださった頭取を窮地に陥れることになるんだぞ。頭取も沈没(チンヴォツ)!」

 とたたみかけて、SNS上では「沈没の発音w。香川さん最高。また名言が生まれた」と盛り上がった。

 ドラマは小説家・池井戸潤の「半沢直樹」シリーズが原作。今作は「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」を映像化した。銀行と子会社である証券会社の全面戦争、破綻(はたん)寸前の巨大航空会社の経営再建で国家権力との戦い、銀行内部の権力争いなど重厚なテーマを取り扱っている。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい