ミッツ・マングローブ「年の瀬オカマの心の声」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「年の瀬オカマの心の声」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ週刊朝日#ミッツ・マングローブ
ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

冬になると「風邪ひいた。声がミッツみたい」というツイートを見かけるという (※写真はイメージです)

冬になると「風邪ひいた。声がミッツみたい」というツイートを見かけるという (※写真はイメージです)

 ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、エゴサーチした結果を報告する。

*  *  *
 先日、タレント同士で「エゴサ」(SNSやネットでの自分検索)をするかどうかの話になりました。多かれ少なかれスマホを持っていれば「してしまう」というのが大方の傾向でした。たまたま自分が出演している番組に遭遇した時や生放送直後など、思わず世間の反応を確認したくなるのは人間の性です。

 かく言う私も1日1回ぐらいは、なんとなしに「ミッツ」で検索をかけます。最近は老眼のせいもあり、流し読む程度ですが、お陰でSNS上に文字として現れる感情の裏側には「似たような感情」もしくは「正反対の感情」、そして「膨大な無関心」が、どのようなバランスで広がっているのかも読み取れるようになってきました。とは言え、この世で「ミッツ」と呼ばれているのは何も私だけではありません。野球選手やアナウンサー、はたまた誰かの飼い猫まで、実に様々な「ミッツ」が引っかかってきます。特に「それが自分かどうか」を根掘り葉掘りはしないものの、例えば「ミッツ似の女上司、マジ死んでほしい。てか超ブスだし」なんて内容のツイートを見つけてしまった時は、なかなか悩ましい。この「ミッツ」が私のことなのかどうかは定かでなくとも、妙に申し訳ない気持ちになります。ツイートした本人にも、超ブスな女上司にも。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい