嵐インタビュー 松潤「俺らくらいトップになると…」にメンバー爆笑 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

嵐インタビュー 松潤「俺らくらいトップになると…」にメンバー爆笑

このエントリーをはてなブックマークに追加
大道絵里子週刊朝日
※写真はイメージです (Getty Images)

※写真はイメージです (Getty Images)

 2020年いっぱいで活動を休止する嵐。ファンたちに新しい形で寄り添えるように公式SNSを一斉開設したり、新曲をYouTubeで配信し、メンバーがリアルタイムでチャットに参加したりするなど、かつてないほどファンサービスが次々となされている。5人の思いは?

【画像】嵐の5人が登場!週刊朝日の表紙はこちら

──20周年の全50公演というツアーを終えた感想は?

松本:走り切りましたね。20周年を多くの人にお祝いしてもらえたってことが嬉しかったです。

二宮:僕らもファンのみんなも大きな思い出ができたんじゃないかな。

相葉:そう。最高の20周年、最高の一年になったと思います!

大野:すごく新鮮でしたね。次の公演まで1カ月、2カ月あいたりするのは今までにない経験だし、なんか、ずっと旅している感じがありました。できたら、見たい人みんなが見れていればいいなぁと……。

櫻井:公演数の関係でファンクラブに入っていても見られない状況っていうのがずっとありましたからね。一人でも多くのファンの方に見てもらいたくてこのツアーをやったので、本当にそうなってるといいなぁと思います。

──2019年は「嵐の結束力は今までで一番強い」という趣旨の発言をいろんな場面で聞きましたが……。

松本:そう感じますね。

二宮:まぁ、5人でいる時間がすごく増えたっていうのはありますよね。

櫻井:ツアー中は、夜みんなで集まってご飯を食べることも多いですしね。

──ツアー以外の場でも「24時間テレビ」とか、「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」、2日でアジア4都市を回る弾丸ツアーもやりました。

相葉:それと「嵐を旅する展覧会」とか、自分たちで20年を振り返ったり、ファンのみんなが喜んでくれることを話し合ったりしたのも大きいんじゃないですかね。すごく楽しかった。

松本:展覧会は2020年も続きますし、いろんな場所で開催されて「旅する展覧会が旅してる」状態なので(笑)、まだまだたくさんの人に見てほしいですね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい