「着物は“女らしさ養成ギプス”」女形・河合雪之丞に学ぶ所作 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「着物は“女らしさ養成ギプス”」女形・河合雪之丞に学ぶ所作

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#林真理子
河合雪之丞(かわい・ゆきのじょう)/1970年、東京都生まれ。88年、国立劇場第9期歌舞伎俳優研修を修了。同年、三代目市川猿之助(現・猿翁)に入門し、二代目市川春猿を名乗る。94年に三代目猿之助の部屋子となり、女方として活躍。2017年劇団新派に移籍し、河合雪之丞と改名。松尾芸能賞新人賞、国立劇場優秀賞受賞。著書に『女づくり』。来年1月、初春新派公演「神田祭」(三越劇場、2~20日)に出演予定。その後、新派特別公演「八つ墓村」出演が控える。 (撮影/門間新弥)

河合雪之丞(かわい・ゆきのじょう)/1970年、東京都生まれ。88年、国立劇場第9期歌舞伎俳優研修を修了。同年、三代目市川猿之助(現・猿翁)に入門し、二代目市川春猿を名乗る。94年に三代目猿之助の部屋子となり、女方として活躍。2017年劇団新派に移籍し、河合雪之丞と改名。松尾芸能賞新人賞、国立劇場優秀賞受賞。著書に『女づくり』。来年1月、初春新派公演「神田祭」(三越劇場、2~20日)に出演予定。その後、新派特別公演「八つ墓村」出演が控える。 (撮影/門間新弥)

河合雪之丞さんと林真理子さん (撮影/門間新弥)

河合雪之丞さんと林真理子さん (撮影/門間新弥)

 2年前に、29年間身を置いた歌舞伎界を離れ、名前も新たに新派に移籍した河合雪之丞さん。美しくたおやかな佇まいの女方として、人々を魅了し続けています。新派移籍の理由から、芝居に向き合う姿勢、女方の究め方まで、新派好きの作家・林真理子さんが迫ります。

【林真理子さんとのツーショット写真はこちら】

*  *  *
林:雪之丞さんは、国立劇場の歌舞伎俳優の研修所を出て歌舞伎の世界に入られて、2年前に劇団新派に移られたんですね。私、新派の波乃久里子さんとわりと親しくさせていただいてまして。

河合:新派の舞台、けっこう見に来ていただいてますね。

林:はい。このあいだは「京都 都大路謎の花くらべ」を拝見しました。雪之丞さんが新派に移ったときの舞台も拝見しました。

河合:「華岡青洲の妻」でした。

林:あのときの口上も覚えてます。水谷八重子さんと波乃久里子さんが「このたび歌舞伎から私たちの王子さまが来てくださいました。こんなうれしいことはありません」とおっしゃって。

河合:ハハハ、そういえばそんなことをおっしゃってくださいました。

林:歌舞伎では若手の美貌女方としてとても人気がありましたが、歌舞伎から新派に移るというのは、すごい決心でしたか?

河合:歌舞伎に約30年いましたが、苦渋の決断というわけではなくて、新派をやってみたいという気持ちのほうが強かったと思いますね。新派って女優さんのもので、そのころ女方さんは英(はなぶさ)太郎さんだけでした。新派は歌舞伎の素養や日舞の素養が必要とされる演劇で、“和の間”が必要になります。自分が30年やってきたことが新派のお客さまに提供できるのではないかと考えましたし、女方新派というものにもう一回新たな息吹を、という気持ちもありました。

林:それは誰かに口説かれたというわけではなく?

河合:口説かれたわけではなくて、私は歌舞伎に在籍していたころから新派公演に出ていたんです。市川春猿の名前で。

林:そうなんですか。

河合:「新派やってみませんか」と言われて、最初にやらせていただいたのが「滝の白糸」で、それから「葛西橋」とか「婦系図」とか、いろいろやらせていただく中でそういう気持ちになったんですね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい