ヘアヌードの脱がせ屋 高須基仁が死去 最期に見舞った連載担当者が明かす秘話 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ヘアヌードの脱がせ屋 高須基仁が死去 最期に見舞った連載担当者が明かす秘話

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日
在りし日の高須基仁さん(撮影・多田敏男)

在りし日の高須基仁さん(撮影・多田敏男)

 数多くの有名女優を脱がせ、ヘアヌード写真集のプロデューサーとして一世を風靡した高須基仁さんが9月17日、肺がんのため71歳で死去した。高須さんは、週刊朝日で「修羅場 土壇場 高須場」というコラムを連載をするなど、執筆活動にも力を入れていた。

 週刊朝日の当時の編集担当者は、亡くなる1カ月前に病院で会っていた。そのときの様子をこう話す。

「お見舞いに行くと、高須さんはベッドで寝ていて、頬はこけ、腕に点滴注射の針の痕がたくさんあり、痛々しかったですね。ちょっと弱々しかったけど、言葉は相変わらずでした。『オレはガンで余命1カ月だ。オレがしゃべるから、それを書いてくれていいよ』と頼まれていたんです」

 自分の死について語ろうとするなど、最後まで情報発信に前向きだった。

 出版社を経営し、自身の著書を数十冊出版していた。高須さんの最新刊は「ボウフラが女肌を刺すよな蚊になるまでは泥水呑み呑み浮き沈み──美女が脱ぐ瞬間<part2>」。過去に出したヘアヌード写真集で、脱がせ屋として自分がどうやって女優をくどき、撮影したかの舞台裏を書いた。

「ベッドの上で、高須さんは自分の本の話をしながら、『テロよりエロだよ』と言っていました。エロで平和をというのが高須さんの持論なんです」(担当者)

 高須さんは学生運動でも活躍し、かつての防衛庁に突っ込んだ逸話がある。社会人となってからは、おもちゃ会社に就職し、その後芸能や出版分野で存在感を発揮した。

「高須さんは毎年8月15日、新宿ロフトプラスワンで開かれる反戦イベントに出席しているんですよ。今年も車椅子で出席したそうです」(同)

 ロス疑惑の三浦和義氏、歌手で俳優の清水健太郎、天地真理、将棋の林葉直子さんら人脈は広かった。

「何かしでかした人に対するやさしいまなざしがありましたね。やり直せる機会があったっていいじゃないかと言っていました。それでいろんな人が彼に集まり、仲介役となっていました」

 


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい