ミッツ・マングローブ「『リアルおっさんずラブ』のファンタジー論」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「『リアルおっさんずラブ』のファンタジー論」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ週刊朝日#ミッツ・マングローブ
ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

リアルすぎるとファンタジーをぶちこわす?  (c)朝日新聞社 (※写真はイメージです)

リアルすぎるとファンタジーをぶちこわす?  (c)朝日新聞社 (※写真はイメージです)

熱視線

ミッツ・マングローブ

amazonamazon.co.jp

 先日、クイズ番組で田中圭さんとご一緒したのですが、相変わらずの不詳感に加え、時代をひた走る「選ばれし男」特有の眩さが漲っていました。番組の中で田中さんとツーショットになる場面があり、そこで私は「これがリアルおっさんずラブよ!」とベタなことを言ったところ、後日ファンと思われる方から目の覚めるような声を頂きました。「リアルおっさんずラブとか言わないで。悪いけど営業妨害!」。改めてオカマの本懐を思い起こさせるべき言葉です。営業妨害。ひと昔前なら、女性ものの服屋で試着をしていたり、派手な化粧でテーマパークに行ったりした際に、よく浴びせられた言葉でもあります。元来「偽物」であるはずの私のような人種が、今や他人様(しかも女性)のファンタジーをぶち壊す「リアル」になり得ているなんて、つくづく素敵な時代になったものです。

 とは言えファンタジーとは、あらゆるリアルを振り切り、幻滅に打ち克ち乗り越え突き進む「闘い」です。他人のせいにしているようでは、まだまだ甘っちょろい。ゲイやオカマがノンケ男性に抱く妄想なんてどれだけエグくて身勝手なことか。妄想に仲間や共感は要らない。

週刊朝日  2019年9月6日号

【週刊朝日編集部からのお知らせ】

いつも『アイドルを性(さが)せ!』をご愛読くださり、ありがとうございます。この連載は2016年5月から週刊朝日で始まりましたが、このたび書籍化して、単行本『熱視線』(本体価格1400円)として発売されました。連載の内容を大幅に加筆修正し、ミッツさんご自身が描いているアイドルの似顔絵(AERA dotでは未掲載)も収載しています。装丁にもこだわりました。毒と愛を込めて作った一冊です。ぜひ、紙の本でじっくり味わってお楽しみください!

★Amazonで絶賛発売中!


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい