ブルース・スプリングスティーンが小劇場で語った希望と夢 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ブルース・スプリングスティーンが小劇場で語った希望と夢

連載「知新音故」

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉エージ週刊朝日
米ロック界を代表する「ボス」ことブルース・スプリングスティーン

米ロック界を代表する「ボス」ことブルース・スプリングスティーン

語りの部分の翻訳付きの『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』(ソニー・ミュージック SICP5997~8)

語りの部分の翻訳付きの『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』(ソニー・ミュージック SICP5997~8)

手書きのセットリスト

手書きのセットリスト

ブルース・スプリングスティーンはグラミー賞に通算50ノミネート、20回受賞している

ブルース・スプリングスティーンはグラミー賞に通算50ノミネート、20回受賞している

 ブルース・スプリングスティーンのブロードウェイでの公演は大絶賛された。会場は、座席数975という小規模なウォルター・カー劇場。ブロードウェイと言えばミュージカルの本場だが、彼の曲をミュージカル化したわけではなかった。単なるコンサートでもなかった。「私、ギター、ピアノ、そして言葉と音楽だけです」とブルース。その特別なライヴを収めたアルバム『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』を紹介しよう。

【アルバム『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』のジャケットはこちら】

 ブルースが『アズベリー・パークからの挨拶』でデビューしたのは1973年。ボブ・ディランの再来と言われ、シンガー・ソングライターとして一定の評価を得た。同年に2作目『青春の叫び』を出したが、いずれも成功とは言い難い結果に終わった。

 ブレークしたのは、3作目の『明日なき暴走』(75年)。アルバム・チャートの3位に躍り出た。活動の拠点は、バーやクラブからアリーナに移り、ベストセラー『ボーン・イン・ザ・U.S.A.』(84年)を発表する頃にはスタジアムでのコンサートが主体となっていた。

 それだけに小劇場での公演は大きな話題を集めた。2017年10月にスタートした公演は8週間の予定を大幅に延長し、翌年12月の最終公演までに236回に及んだ。動員数は約22万人にのぼった。その模様を収めた映画『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』(トム・ジムニー監督)がつくられ、サウンド・トラック盤も発売された。

 公演の下敷きになったのは、先に出版されてベストセラーとなっていた『ボーン・トゥ・ラン ブルース・スプリングスティーン自伝』。ブルース自らスクリプトを手がけたモノローグによるイントロダクション、それに即して、ギター、ピアノの弾き語りによる曲を演奏するという趣向だ。

 ブルースの語りで始まる。“俺はレース・カーを走らせる反逆者でもストリート・パンクでもなく、アズベリー・パークのあちこちで演奏するギター奏者だった”“でも俺には4つの紛れもない切り札があった。若さ、バー・バンドで10年鍛えた筋金入りの経験、俺の演奏を熟知している凄腕のミュージシャンと友達、それに魔法だ”。ここで、デビュー作収録の「成長するってこと」を歌う。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい