奥田瑛二、“ヨレヨレパンツ”にこだわり? 映画「洗骨」秘話 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

奥田瑛二、“ヨレヨレパンツ”にこだわり? 映画「洗骨」秘話

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
奥田瑛二(おくだ・えいじ)/1950年、愛知県生まれ。「海と毒薬」「千利休・本覚坊遺文」「棒の哀しみ」など数多くの映画やドラマに主演。映画「少女」で初監督、以降「るにん」「長い散歩」「風の外側」「今日子と修一の場合」と作品を送り出し、「長い散歩」はモントリオール世界映画祭でグランプリを含む3冠受賞。妻はエッセイスト、タレントの安藤和津。長女は映画監督の安藤桃子、次女は俳優の安藤サクラ。2月9日、主演映画「洗骨」が全国劇場で公開予定。 (撮影/写真部・小原雄輝)

奥田瑛二(おくだ・えいじ)/1950年、愛知県生まれ。「海と毒薬」「千利休・本覚坊遺文」「棒の哀しみ」など数多くの映画やドラマに主演。映画「少女」で初監督、以降「るにん」「長い散歩」「風の外側」「今日子と修一の場合」と作品を送り出し、「長い散歩」はモントリオール世界映画祭でグランプリを含む3冠受賞。妻はエッセイスト、タレントの安藤和津。長女は映画監督の安藤桃子、次女は俳優の安藤サクラ。2月9日、主演映画「洗骨」が全国劇場で公開予定。 (撮影/写真部・小原雄輝)

奥田瑛二さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・小原雄輝)

奥田瑛二さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・小原雄輝)

“風葬”をテーマにした新作映画「洗骨」で主演を務めた奥田瑛二さん。普段は男の色気が漂うかっこいいイメージがある奥田さんですが、本作では酒びたりでひきこもりのお父さんという別人ともいえる役柄。作家の林真理子さんが映画や役作りについて伺いました。

【奥田瑛二さんと林真理子さんの2ショットはこちら】

*  *  *
林:サクラちゃん(奥田さんの次女で俳優の安藤サクラ)のNHKの朝ドラ「まんぷく」、みんな楽しみに見てますね。サクラちゃんが主役に決まったとき、「お父さん、素行に気をつけてくださいね」って言われたんですって?

奥田:そう。「横断歩道は青になってからゆっくりと歩いて渡ってね」とか、「女性がいるお店には絶対に行かないでね」とか言われた(笑)。

林:まあ、それは大変。品行方正でいなきゃいけないわけですね。

奥田:でも3月末で放送が終わるからね、なんちゃって(笑)。

林:(笑)。今、60代で現役感バリバリの俳優さんって奥田さん以外にあまりいないですよね。今度奥田さんが主演なさった「洗骨」(2月9日全国公開)を見ましたが、いい映画でしたよ。正直なところ、本名では初監督のゴリさん(お笑いコンビ「ガレッジセール」の照屋年之)に胸を貸してやったという感じですか。

奥田:ゴリさんに「なぜ僕なのか聞きたい」と言って渋谷の喫茶店で会ったら、「その目です。目の奥にある悲しさです」と殺し文句を言われたんです。それで「こいつ、なかなかできるぞ。よし、付き合ってみるか」と思ってね。ホン(台本)もおもしろかったし、ショートフィルムで日本のグランプリ(ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017)もとってるし。

林:ゴリ監督が? そうなんですか。

奥田:クランクインして初日が終わったときに、「わかった。こいつならカメラの前にすべてをさらけ出してやろう」と決めたの。今の若い監督って、自信がないから、映画の方程式じゃないものをやたら撮るわけ。だけどゴリ監督は方程式がちゃんとできていて、撮りたいものをパッパッと撮っていくから、すごくリズムがいいの。あとは沖縄の離島の青い空の下に自分の肉体を置いて、沖縄人になっていればいいという感覚でいましたね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい