不倫バッシングは減る? “芸能界最強の占師”ゲッターズ飯田が占う2019年は… (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

不倫バッシングは減る? “芸能界最強の占師”ゲッターズ飯田が占う2019年は…

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

ゲッターズ飯田(ゲッターズ・いいだ)/お笑いコンビ解散後、放送作家兼占師として活動開始。これまでに芸能界を中心に、5万5000人以上を占う

ゲッターズ飯田(ゲッターズ・いいだ)/お笑いコンビ解散後、放送作家兼占師として活動開始。これまでに芸能界を中心に、5万5000人以上を占う

“芸能界最強の占師”と呼ばれるゲッターズ飯田さんが、2019年の運気の流れや世相の変化を大胆予想。独自の「五星三心占い」であなたの運勢を占い、運気をより高めるためにやるべきことや注意すべきことをアドバイス!

■2019年はこんな年になる!

 2019年は亥年。干支(えと)の最後なので、あらゆるものの区切りがつき、新たな技術や産業が登場し、次世代への入れ替わりが始まる年になります。元号が変わるのも納得です。

 新しいことに抵抗感を持つ人もいるかもしれませんが、そこはあえて敏感になり、ネットなどで積極的に調べてみたり、若い人としゃべってみたりして、どんどん取り入れて波に乗るほうがいいですね。

 一方で、歴史や伝統が重んじられる時代の流れも続いています。大勢の外国人観光客が日本を訪れているのも、長い歴史を持つ日本への関心が高まっているから。また、国や地域の歴史に限らず、自分のルーツを掘り下げることもプラスに働きます。先祖の家系をたどる、年配の方に昔の風習を聞く、といったことに取り組んでみてください。

 ここ数年、不倫バッシングなど、正義感を振りかざして誰かを糾弾する傾向が強かったのですが、その流れは終わりを迎えそうです。干支で見ると、申年、酉年、戌年と続いてきましたが、この時期は“鬼が出てきて暴れやすい”と言われています。「サル」「トリ(キジ)」「イヌ」といえば桃太郎の家来たち。悪さをする“鬼”を成敗するべく、悪事が暴かれ、糾弾されることも多かったのです。もうその時期は過ぎたので、人々も飽きてきましたし、次第に落ち着いてくるでしょう。

 19年は、美意識を高めることがすごく大事! 一流のものを身に着けたり、食べたりして、その価値を実感したり、トレーニングに励んで美しい体を目指してみて。運気アップにつながるはずです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい