ゴルフもIT時代? 丸山茂樹が賞金トップ、時松隆光の強さを分析 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ゴルフもIT時代? 丸山茂樹が賞金トップ、時松隆光の強さを分析

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

KBCオーガスタのプロアマ戦で笑う片山晋呉(朝日新聞社)

KBCオーガスタのプロアマ戦で笑う片山晋呉(朝日新聞社)

 プロゴルファーの丸山茂樹氏が、賞金ランクトップとなった男子ゴルフの時松隆光選手などについて語った。

【写真】ツアーに復帰した片山晋呉

*  *  *
 100回目を迎えた夏の甲子園、盛り上がりましたねえ。最後の方だけ見させてもらったんですけど、久しぶりに「楽しかったな」と思いました。

 史上初となる2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の強さは圧巻でした。優勝を決めてアルプススタンドの応援団にあいさつしたあと、キャプテンの中川卓也君が泣き崩れたシーンを見て、彼らの背負ってきたものの大きさを感じました。

 それでも大会終盤の盛り上がりは、準優勝した金足農業を抜きに語れないですよね。全員が地元秋田出身のメンバー。大エースの吉田輝星(こうせい)君がチームを引っ張って、攻めはコツコツとバント。準々決勝の「逆転サヨナラツーランスクイズ」には、しびれました。

 34年ぶりに勝ち進んだ準決勝を突破して、初の決勝進出ですよ。東北勢初優勝の期待もかかった決勝は、吉田君が大阪桐蔭の強力打線に捕まり、打線も不発で完敗でした。それでも十分ですよ。秋田はめちゃくちゃ盛り上がったみたいだし、僕らもすっごく感動させてもらいました。

 秋田大会から甲子園の準決勝までひとりで投げてきた吉田君には、ゆっくり休んで、ひじとか肩のケアを念入りにしてほしいです。

 さて、ゴルフです。国内男子ツアーが4週ぶりに再開しました。残り14試合で、徐々に賞金王争いが熱を帯びてきます。後半の初戦となった「RIZAP KBCオーガスタトーナメント」(8月23~26日、福岡・芥屋=けやGC)の結果は来週号でお伝えしますけど、試合のなかった1カ月間をどうすごしてきたのかが、そのまま結果につながったんじゃないかな。

 また、プロアマ戦での問題で出場を自粛してた片山晋呉(45)が、この試合からツアーに復帰しました。22日のプロアマにも出たんですね。まだまだ世間に厳しい目で見られることもあると思いますけど、すべては本人の姿勢次第だと思いますから。いろいろ反省したことがあると思いますので、それを胸にやっていってくれると思ってます。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい