「どうした、綾野剛」 再度ドラマ化の「ハゲタカ」は戸惑い満載 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「どうした、綾野剛」 再度ドラマ化の「ハゲタカ」は戸惑い満載

連載「てれてれテレビ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カトリーヌあやこ週刊朝日#カトリーヌあやこ#ドラマ
カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

(c)カトリーヌあやこ

(c)カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「ハゲタカ」(テレビ朝日系 木曜21:00~)をウォッチした。

【「どうした、綾野剛」 イラストはこちら】

*  *  *
 どうした、綾野剛。思わず、そうつぶやいてしまうこのドラマ。なんせ綾野剛が、いきなりイキリ顔で吼(ほ)えまくるから。

 大胆な企業買収を次々仕掛ける、外資系投資ファンドマネジャー・鷲津(綾野)。この社会派経済ストーリーは、2007年にもNHKで映像化された。

 その時の鷲津役は、大森南朋。当時、まだあまりドラマに出ていなかった大森の、得体のしれない佇まいが役柄にぴったりでね。

 ヒリヒリとした不穏な空気が流れる演出。なぜか画面がナナメだったり、NHKのやりたい放題的スタイリッシュな青い映像。

 コレを再度ドラマ化することの、ハードルの高さよ。そこで綾野剛だ。

「我々はハゲタカだ。金と腐った企業の匂いは逃しません(眼鏡キラリ)」

 そのうさんくさい顔、DV夫か、インテリヤクザにしか見えない。また、銀行の常務役の小林薫が、関西弁でがなり倒すんだ。

「謝ってすむことかーい、このボケがぁっ!」

 気分は「ナニワ金融道」。企業が生き残るための重大な局面つーより、明日ソープランドに沈められそう。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい