籠池夫妻の“笑撃”釈放会見(下)「お父さんと結婚してよかった。私、幸せです」 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

籠池夫妻の“笑撃”釈放会見(下)「お父さんと結婚してよかった。私、幸せです」

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉崎洋夫、福井しほ週刊朝日

会見に臨む籠池夫妻(撮影/ジャーナリスト・今西憲之)

会見に臨む籠池夫妻(撮影/ジャーナリスト・今西憲之)

思わず破顔する諄子被告(撮影/ジャーナリスト・今西憲之)

思わず破顔する諄子被告(撮影/ジャーナリスト・今西憲之)

 国などの補助金を詐取したとして詐欺などの罪で起訴された学校法人森友学園(大阪市)の前理事長、籠池泰典被告(65)と妻の諄子(じゅんこ)被告(61)が25日、大阪拘置所から10カ月ぶりに保釈された。夫妻はその足で大阪市内で午後8時から会見したが、籠池節は健在。まず、泰典被告がマイクを握り、「早朝の 志を得る 初夏の風」などお得意の句で現在の心境を読み上げ、10カ月ぶりにお互い再会したことについて夫妻は「今も相思相愛」とのろけた。籠池夫妻の会見全文(下)は以下の通り。

10カ月ぶりの再会に破顔する諄子被告の写真はこちら


――先ほど諄子被告は冤罪とおっしゃっていましたが。そこに関しては?

泰典被告:まったく、冤罪については、家内につきましては詐欺とかそういうものにはタッチしておりませんのでね。それを冤罪という、まさになんですかね。村木厚子さんと全く同じような状況やと思います。そのように認識してください。村木厚子さんは120日間ぐらいでしたけど、家内は、300日も入っているわけです。

 この辺の人権問題は重要なことでありますので、その辺のことも認識していただいて。こういうことがまだこの世の中にあるんやと。私を貶めるのはけっこうですけども、家族である家内までわざわざ引っ張り上げて、こういう拘置所にぶち込んだというのは、この民主主義国家の日本にとって、考えられないと思います。封建主義の世の中やと思います。こんなことが検察庁の方でやっているということが、全く考えられない。こういう風な国であることを、皆さん方も認識されたらええと思います。

――ご自身についてはいかがでしょうか?

泰典被告:申し訳ありませんが、先ほど申し上げましたように、これからのことでありますので。専門家にお任せすると。よろしくお願いします。

――財務省が明らかにした記録には諄子被告が近畿財務局職員にコースターを投げつけたり、嘘つきなどと暴言を吐いたりするなどしたと厳しい言動をされていると記載されていることについて、どうお考えでしょうか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい