北原みのり「目が覚めるようなネトウヨ」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「目が覚めるようなネトウヨ」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
北原みのり週刊朝日#北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

(※写真はイメージ)

(※写真はイメージ)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。今回は、「ネトウヨ」について。

*  *  *
 最近、本屋に入るたび、ケント・ギルバート氏に出会う。ベストセラーコーナーには大抵、ケント氏の本が存在感たっぷりに並べられ、力を見せつけられているような気持ちになる。

 45万部突破!と宣伝されているケント氏の本を、ぱらぱらとめくってみた。日本人は凄い、日本人は特別だ、ということが言葉を換えて様々に書かれているが、例えばそれは、日本人はまず他人のことを考える美徳があるから、韓国や中国よりもノーベル賞を受賞しているんですとか……で、目が覚めるようなネトウヨ本だ。

 お茶の間の人気者だったケントが、今のケントになるまで、何があったんだろう。報道によれば、ビジネスの失敗など経済的に苦労したらしい。人に騙されたこともあったともいう。そんな不幸を乗り越えて、「日本人は凄い」と言えばチャリーンと入ってくる金脈や、「よく言った!」と褒めてくれる仲間に出会えたら……人は書いてしまうものなのだろうか、ネトウヨ本を。ケント氏だけじゃない。多少は教養があり、ある程度は歴史の知識があり、人権感覚を当然持っているであろうと期待される立場の人が、軽やかに韓国や中国への侮蔑を語り、日本が世界の中心にあるかのような発言で喝采を浴びている。ちょっと前までそんなネトウヨ村はずっと小さく、表で語る人間も限られていたはずなのだけど、今じゃ人材も経済力も勢いを増している。私がネトウヨ国で息を潜めて暮らしているような気持ちだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい