築地市場は本当に移転できるのか?安倍政権の“介入”で仲卸業者淘汰の危機

安倍政権

2018/01/03 07:00

 小池百合子東京都知事の“生命線”である築地市場の移転問題は、2018年、どんな展開を見せるのか。12月10日には、都と業界団体でつくる新市場建設協議会が、豊洲新市場への開場日を「2018年10月11日」とすることで合意。移転問題は一応、決着したかに見える。だが、最大多数派の水産仲卸業者を中心にいまだ移転反対論は根強く、移転がスムーズに実行されるかは不透明な情勢だ。ある仲卸業者がこう話す。

あわせて読みたい

  • 豊洲移転から1カ月 小池都知事VS築地市場に居座る仲卸業者 泥沼化で仮処分申し立て

    豊洲移転から1カ月 小池都知事VS築地市場に居座る仲卸業者 泥沼化で仮処分申し立て

    週刊朝日

    11/11

    「新店舗は狭すぎ」築地市場移転に仲卸業者が悲痛な叫び

    「新店舗は狭すぎ」築地市場移転に仲卸業者が悲痛な叫び

    週刊朝日

    3/4

  • 小池都知事の「築地市場を守る」はどうなった?コロナの陰で進む「業者潰し」政策

    小池都知事の「築地市場を守る」はどうなった?コロナの陰で進む「業者潰し」政策

    週刊朝日

    6/17

    小池劇場更迭第1号 市場長が落ちた都庁伏魔殿

    小池劇場更迭第1号 市場長が落ちた都庁伏魔殿

    AERA

    10/25

  • 廃止予定の築地場内で11日以降も一部店舗が営業継続 「解体工事を阻止」営業権組合が主張

    廃止予定の築地場内で11日以降も一部店舗が営業継続 「解体工事を阻止」営業権組合が主張

    dot.

    10/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す