津田大介「社会的分断防ぐ反対意見を紹介する試み」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

津田大介「社会的分断防ぐ反対意見を紹介する試み」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
津田大介週刊朝日#津田大介
津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

自らの政治的信念に合致するメディアやニュースばかりを閲覧する消費者が増えると、その結果……(※写真はイメージ)

自らの政治的信念に合致するメディアやニュースばかりを閲覧する消費者が増えると、その結果……(※写真はイメージ)

 対立意見に触れる機会を提供する試みは、ワシントン・ポスト紙以外でも進んでいる。同紙のライバル紙である米ニューヨーク・タイムズ紙のコラム「ライト・アンド・レフト・リアクト」は、特定のトピックが右派・左派の双方からどのように論じられているのかをまとめている。英ガーディアン紙の「バースト・ユア・バブル」は、保守層あるいは極右勢力の視点からの論説をキュレーション(まとめて表示)している。

 そんななか、カウンターポイントがユニークなのは、人力ではなくAIを活用し、反対意見を主張する論説を、自社の記事から選定している点だ。実際の編集者の記事へのタグ付け作業を、学習用のデータとして利用し、AIをトレーニングしているという。

 主にリベラル紙を中心にこのような取り組みが進んでいるが、その背景には、ほぼ全てのメディアが予想していなかった英国のEU離脱決定や、ヒラリー・クリントン候補の勝利を確信していた昨年の米大統領選挙の反省がある。インターネット──とりわけソーシャルメディアは、自分の考えに近い意見ばかり目にする「フィルターバブル」の影響力が年々大きくなっており、自らの政治的信念に合致するメディア、ニュースばかりを閲覧する消費者が増えている。ネットで対立意見に触れる機会が減ったことで、多くのネットユーザーの政治的信念が強固になり、その結果として現在の政治的分極化、社会的分断が生じていると欧米のリベラルメディアは考えているのだ。

 リベラル紙が保守的な意見を積極的に掲載するのは皮肉な話だが、社会的分断の解消のためには、たとえ読者の意にそぐわない意見であっても伝える必要に迫られているということなのだろう。これらの取り組みが欧米でどれだけ分断の解消につながるのか、今後の展開に注目したい。

週刊朝日  2017年12月1日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

津田大介

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『情報戦争を生き抜く』(朝日新書)

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい