カロリーゼロの“甘い罠”専門家が指摘

2017/10/09 07:00

 ちなみにわが国の食品表示基準で「無○○」「○○ゼロ」「ノン○○」という表示は、100ミリリットルあたり5キロカロリー未満と決められている。

 人工甘味料は、これまでは肥満や糖尿病などの予防や改善に役立つとされてきた。それが、なぜ糖尿病の発症リスクを高めるという、真逆の指摘がなされるようになったのか。

 注目を集めるきっかけは、2014年にイギリスの科学雑誌ネイチャーに発表された論文だ。「人工甘味料の一つサッカリンが腸内細菌叢(腸内フローラ)を変化させて、耐糖能の異常をもたらした」とする研究結果が報告されたのだ。

 耐糖能とは、インスリンが血液中のブドウ糖を細胞に取り込む能力のこと。それが異常になると、血液中のブドウ糖を処理する能力が低くなり、糖尿病予備群といえる状態になる。前出の櫻井さんが解説する。

「最近の研究では、腸内フローラが糖尿病などさまざまな生活習慣病に影響を及ぼすことが明らかになっています」

 ネイチャーの論文では、人工甘味料を与えたマウスにブドウ糖入りの水を飲ませて血糖値の変化をみると、耐糖能に異常を認めたという。また、その実験マウスの腸内フローラを無菌マウスの腸に移植すると、同じように耐糖能異常が起こることが明らかになった。

 人工甘味料が腸内フローラにどのような仕組みで変化をもたらすのか、また腸内フローラの変化がなぜ耐糖能異常を引き起こすのかなど、未解明な部分も多い。ただ、このほかにも人工甘味料が糖尿病の発症リスクを高める研究がいくつか報告されているという。

 その一つが「人工甘味料が脳の錯覚をもたらし、食べすぎを促す」可能性だ。

「通常、炭水化物や糖質をとると、ブドウ糖が血液中に取り込まれて血糖値が上がりますが、人工甘味料では血糖値は上昇しない。そのため脳は食事量が足りないと錯覚し、食べすぎてしまうのです」(櫻井さん)

 このほかにも、「人工甘味料の強い甘さに慣れると甘みの感覚が鈍くなり、より強い甘さを欲するようになる(甘味への依存性)」「腸にも甘みを感じるレセプターがあり糖の吸収を高める」といった問題も報告されている。

1 2 3

あわせて読みたい

  • 「シニア世代のプロテイン過剰摂取は要注意」 なぜ医師は警鐘を鳴らすのか

    「シニア世代のプロテイン過剰摂取は要注意」 なぜ医師は警鐘を鳴らすのか

    AERA

    8/24

    「カロリーオフ、ダイエット食品は太る」?? 専門家が警鐘!

    「カロリーオフ、ダイエット食品は太る」?? 専門家が警鐘!

    週刊朝日

    11/28

  • 女性医師が伝える ”ダイエット飲料”の落とし穴
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    女性医師が伝える ”ダイエット飲料”の落とし穴

    dot.

    6/5

    老けない! 砂糖と油の「上手な摂り方・選び方」

    老けない! 砂糖と油の「上手な摂り方・選び方」

    週刊朝日

    7/13

  • ダイエットに! 「希少糖」がカロリーほぼゼロでブーム

    ダイエットに! 「希少糖」がカロリーほぼゼロでブーム

    週刊朝日

    3/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す