AERA dot.

「古すぎる」日本球界のトレード理論に東尾修が苦言

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#東尾修

新天地での活躍に期待! 交換トレードで日本ハムに加入した杉浦(右)(c)朝日新聞社

新天地での活躍に期待! 交換トレードで日本ハムに加入した杉浦(右)(c)朝日新聞社

 西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、日本のトレード事情は「古すぎる」と苦言を呈する。

【写真】美しすぎるプロ野球チアにドキ!

*  *  *
 日米ともに7月31日がトレード期限だった。つまり、今季の戦力補強がほぼ終わりを意味する。大リーグでは少し事情が違うようだが、ここは難しいルール説明をする場ではないから省く。日本でも7月のトレードが4件成立したが、メジャーではその何倍もの人数のトレードが決まった。

 大リーグでは、ダルビッシュがレンジャーズからドジャースへ移籍。アストロズの青木はブルージェイズに移籍した。ダルビッシュだが、世界一を狙うチームにこれだけ求められて行くのは光栄だよね。そして放出したレンジャーズも3人の若手を手にした。狙っていた若手選手とは若干違うようだが、それでもダルビッシュは、お世話になったレンジャーズに3人もの若手有望株をもたらせ、恩返しをしたとも言える。

 シーズン中のトレードを考えると、日本では「トレード=戦力構想外」と思うだろう。大リーグではそんな考えは一切ない。ビジネスとして、優勝争いから脱落したチームは「主力放出」で将来性ある若手を獲得する。逆に、優勝争いしているチームは主力を獲得し、優勝への戦力補強を行う。常に「WIN-WIN」の関係が成り立っている。移籍しなければならない選手は大変だが、トレードに対して卑屈になる選手はいない。そういう土壌ができあがっていることはうらやましい部分もある。

 日本球団も、メジャーほどでないにしろ、もっと活発に選手のトレードを行っていいと思うよ。日本ハムは4件中3件に絡んだが、球団のビジョンがはっきりしている。若手の登用、チームの活性化を図るという部分が見える。他の球団も、もっと鮮明に球団の色を打ち出していいよね。「功労者だから」「来年は復活するかも」「簡単に選手をトレードに出したら、新人が入団してくれないかも」などの理論は古すぎる。今の野球界は「10年ひと昔」ではない。数年周期で野球は変わる。ならば、固定観念を捨てて、新しい可能性を常に模索したほうがいいに決まっている。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


   東尾修 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加