小池百合子都知事がモデル? なぞの歌謡曲「豊洲の女」ヒットの裏に内閣参与 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小池百合子都知事がモデル? なぞの歌謡曲「豊洲の女」ヒットの裏に内閣参与

このエントリーをはてなブックマークに追加
「豊洲の女」のCDジャケット(エスプロレコーズ提供)

「豊洲の女」のCDジャケット(エスプロレコーズ提供)

♪化粧だけでは隠しきれない今の私は豊洲の女

 と歌い出す、しっとりとした歌謡曲「豊洲の女」が話題を集めている。

 歌われているのは、かつての華やかだった時代に思いをはせる女性の悲哀。CDジャケットやミュージックビデオには、豊洲や東京都庁のあたりを物憂げな雰囲気で歩く女性の後ろ姿が登場する。小池百合子・東京都知事をイメージしたのは明らかだ。

 曲の2番は意味深なフレーズがあふれている。

<あの日のカイロ アルジェの光 今の私は豊洲の女 見切り発車のリンドバーグ 着地できない女の涙 過去の記憶を糊塗(こと)したところで 見極められないジャンヌダルク>

 歌っているのは「三沢カヅチカ」。これがCDデビュー曲となるブルースシンガーで、その正体は謎だ。作詞は哲学者で作家の適菜収さん。曲が誕生したきっかけは、適菜さんのアイデアだった。

「政治の風刺をするにあたって、日ごろ書く文章と違った方向から攻めてみたい。そのひとつが歌詞だったんです」

 かねて交流があった、京大大学院教授で内閣官房参与の藤井聡さんに話したところ、作曲家の多城康二さんと三沢さんを紹介してくれて、とんとん拍子に曲ができあがったという。

「ベタな歌謡曲にしたかったんです。華やかな過去の記憶にすがりつく女の、空虚な内面を描きたかったんです」(適菜さん)

 ちなみにジャケットなどに登場する女性は、多城さんの音楽教室に通う生徒で、東京・錦糸町のスナックのママだとか……。

 ところで、この三沢カヅチカの歌声だが、藤井参与の声に似ているとの評判だ。藤井参与に尋ねてところ、

「よく言われます。年齢もだいたい同じぐらい。サラリーマンで、『会社』にも報告していないみたいです(笑)。怒られると困るので『そのへんは勘弁してください』と言っていました」

 と、あくまで「よく知っているが、別人」だと主張。適菜さんの話を聞いて、女の悲哀を情感込めて歌えるのは、三沢さんがいいんじゃないかと紹介したという。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい