勾留中に暴行死? 奈良県警告発したのは時津風部屋暴行事件の“立役者” (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

勾留中に暴行死? 奈良県警告発したのは時津風部屋暴行事件の“立役者”

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
遺族からの経過説明を求める声に、桜井署の警部は、「警察はなにも知らん!」と机をたたきながら対応したという (※写真はイメージ)

遺族からの経過説明を求める声に、桜井署の警部は、「警察はなにも知らん!」と机をたたきながら対応したという (※写真はイメージ)

 遺体を引き取った遺族は、右ひざ下の黒ずんだ大きなあざを見て衝撃を受けたという。

「その姿はいつか写真で見た小林多喜二の遺体にそっくりでした。悲しみより先に、『警察で亡くなったら、みんなこんな姿で返されるのだろうか……』と、とっさにそう思いました」

 11月15日、岩手医科大の出羽厚二教授(法医学)が、奈良県警を告発した。罪状は特別公務員暴行陵虐致死容疑。「勾留中に死亡したのは、取り調べ時の暴行による急性腎不全などが原因」と訴える。

 亡くなったのは医師の塚本泰彦氏(当時54)。奈良県大和郡山市の「山本病院」(現在は廃院)に勤務当時、手術ミスで患者を死亡させたとして、2010年2月、業務上過失致死容疑で逮捕され、奈良県警桜井署の留置場に勾留された。だが、19日後に突然死亡したのだ。奈良県立医大は死因を「急性心筋梗塞(こうそく)」とし、病死と判断した。

 遺族は死に至るまでの経過説明を求めたが、ようやく面談にこぎつけた桜井署の警部は、「警察はなにも知らん!」と机をたたきながら対応したという。納得いかない遺族は13年、奈良県を相手に民事裁判を提起。大相撲時津風部屋の暴行死事件で被害者の力士を解剖し、愛知県警が「事件性なし」とした当初の判断を覆した出羽教授に、解剖結果の再検証と鑑定意見書の作成を依頼した。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい