脳卒中の後遺症「痙縮」へ働きかけるHANDS療法とは?

病気

2016/10/24 07:00

 脳卒中の後遺症のひとつで、筋肉の緊張が高まり、手足がつっぱったり、曲がったりしてしまう痙縮(けいしゅく)。近年、重い痙縮にも効果的な治療法が登場している。

あわせて読みたい

  • 若い人は遺伝の可能性も “手のふるえ”に超音波治療が登場!

    若い人は遺伝の可能性も “手のふるえ”に超音波治療が登場!

    週刊朝日

    3/3

    手術で治せない慢性的な痛み 「付き合っていける」まで和らげる脊髄刺激療法とは?

    手術で治せない慢性的な痛み 「付き合っていける」まで和らげる脊髄刺激療法とは?

    dot.

    3/22

  • 年末年始は実家のお風呂を要チェック! 冬の温度差でリスクが高まる「脳卒中」の症状とは

    年末年始は実家のお風呂を要チェック! 冬の温度差でリスクが高まる「脳卒中」の症状とは

    dot.

    12/28

    突然、顔の片側が動かなくなる「顔面神経麻痺」 年間約6万5000人発症

    突然、顔の片側が動かなくなる「顔面神経麻痺」 年間約6万5000人発症

    dot.

    7/2

  • 欧米には肩こりがない!? 眼精疲労などがもたらす「肩こり」の恐怖

    欧米には肩こりがない!? 眼精疲労などがもたらす「肩こり」の恐怖

    dot.

    10/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す