石野卓球がモテたい下心はあっても「売れたい」と思わない理由

2016/08/13 16:00

 石野卓球は好きなことだけを“選択”して生きてきた。1989年にピエール瀧さんらとテクノバンド・電気グルーヴを結成。95年からは海外での活動もスタートさせ、98年には、ベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェスティバルで、150万人の前でプレイした。昨年末には電気グルーヴのドキュメンタリー映画が公開されロングヒットを記録するなど、テクノ世代のみならず幅広い世代から熱狂的な支持を得る。

あわせて読みたい

  • 「今年も娯楽で徹しよう!」 電気グルーヴの魅力は成長しないこと?

    「今年も娯楽で徹しよう!」 電気グルーヴの魅力は成長しないこと?

    AERA

    3/18

    ピエール瀧逮捕の余波 芸能マスコミが煽る卓球×坂上忍の「不毛な戦い」

    ピエール瀧逮捕の余波 芸能マスコミが煽る卓球×坂上忍の「不毛な戦い」

    dot.

    4/26

  • 電気グルーヴがAERAの曲を作る!? 表紙インタビューで異例の提案

    電気グルーヴがAERAの曲を作る!? 表紙インタビューで異例の提案

    AERA

    3/15

    電気グルーヴ×大根仁監督によるドキュメンタリー映画公開決定、大根監督「誰かこの仕事代わって!!」

    電気グルーヴ×大根仁監督によるドキュメンタリー映画公開決定、大根監督「誰かこの仕事代わって!!」

    Billboard JAPAN

    7/14

  • ブンブンサテライツ 自主企画ツアーで石野卓球と対バン実現 川島「僕らの尊敬する大先輩です。」

    ブンブンサテライツ 自主企画ツアーで石野卓球と対バン実現 川島「僕らの尊敬する大先輩です。」

    Billboard JAPAN

    5/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す