人気の「五郎丸カット」 ただし、ある難点が… (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

人気の「五郎丸カット」 ただし、ある難点が…

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
パナソニック バリカン 充電・交流式 シルバー調 ER-GC72-S Amazonで購入する

パナソニック バリカン 充電・交流式 シルバー調 ER-GC72-S
Amazonで購入する

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は、自分で五郎丸カットにできるバリカンについて。

*  *  *
 1980年代前半では聖子ちゃんカット、後半ではW浅野(浅野ゆう子&浅野温子)がやっていたワンレンロング。その後は、今井美樹のソバージュ……というように、時代ごとに流行りの髪形というのがあった。

 女子高生はアイドル誌、女子大生やOLさんはファッション誌の切り抜きを美容院に持ち込んでは、同じスタイルを真似たものだ。

 が、最近、女性には流行りの髪形というのがないそうである。「前髪を切りすぎた」三戸なつめスタイル? 確かに渋谷や原宿を歩けば真似している女子高生を見つけることはできるが、かつての聖子ちゃんカットのように全員ではない。

 一方、男性には流行りの髪形があるのだという。それは「ラグビー日本代表選手のような短髪」、ソフトモヒカンだ。

 先日、「金曜日の聞きたい女たち」(フジテレビ系)の取材でイケてる美容師くんに聞いたところ、「五郎丸歩さんが僕がお世話になっているサロンにいらしていることもあって、初めて見えるお客様の多くが『五郎丸さんのように』とおっしゃいます」とのこと。「salon de MiLKSHIBUYA」だ。

 五郎丸選手の場合は、サイドからトップをグラデーションカットし、トップは長めに残し、フロントからバックにかけての長さを統一するというものだとか。

 他の美容院でも「五郎丸カット」と言えば、似たスタイルにはしてもらえるようだが、かなり短いため、頻繁に切りにいかなければならないのが難点だという。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい