安倍政権に痛撃 ゲス不倫爆弾の衝撃

ベッキー

2016/02/17 11:30

 甘利ショックが冷めやらぬ中、育児休暇取得をブチ上げていた自民党の宮崎謙介衆院議員(35)の“臨月(ゲス)不倫”が表面化し、早々に議員辞職へと追い込まれた。首相官邸、自民党が火消しに躍起となったが、閣僚の失言や問題発言も相次ぎ、“アベ政治”に波紋が広がっている。

あわせて読みたい

  • 育休の宮崎議員、逆風うけ「余計に『取得しなければ』と」

    育休の宮崎議員、逆風うけ「余計に『取得しなければ』と」

    AERA

    1/12

    イクメン議員 有名だった女ぐせの悪さ「お前が言うな!」の声

    イクメン議員 有名だった女ぐせの悪さ「お前が言うな!」の声

    AERA

    2/15

  • 幹事長退任で二階派が衆院選公認争いで負け組に「小池新党も選択肢」と幹部

    幹事長退任で二階派が衆院選公認争いで負け組に「小池新党も選択肢」と幹部

    dot.

    10/7

    閣僚は続投 安倍政権が目論む憲法改正への道

    閣僚は続投 安倍政権が目論む憲法改正への道

    週刊朝日

    12/19

  • 「第二の宮崎」自民・石崎議員 今度はパワハラ疑惑?

    「第二の宮崎」自民・石崎議員 今度はパワハラ疑惑?

    週刊朝日

    3/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す