“為替”は経済対策? 藤巻健史が「通貨庁」創設を熱望 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“為替”は経済対策? 藤巻健史が「通貨庁」創設を熱望

連載「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」

このエントリーをはてなブックマークに追加
衆院本会議で施政方針演説をする安倍晋三首相 (c)朝日新聞社

衆院本会議で施政方針演説をする安倍晋三首相 (c)朝日新聞社

 アベノミクスによる円安が追い風となり訪日外国人観光客数が増加傾向にある中、“伝説のディーラー”と呼ばれた藤巻健史氏は、国益のため為替政策を考える「通貨庁」を作るべきだという。

*  *  *
 第16回大宅壮一ノンフィクション賞受賞の吉永みち子さんの文章を読んでいた長男けんたが、のたまった。「吉永さんの文章は、さすがにうまいね。それに比べてお父さんのは『だめだ、だめだ』とキャンキャン騒いでいるだけなんだから」

 吉永さんとはTBSの「ブロードキャスター」で一緒にコメンテーターをして以来、仲良くさせていただいている。先日、岩国に吉永さんを含めた4家族で旅行した際、昼食代をまとめて払おうとした私にレストランのレジ係の女性が聞いてきた。

「ね~、ね~、お客さん、一緒にいらっしゃるあの方、テレビによく出られている方ですよね?」「そうです、吉永さんですよ」と答えた私は、よほど続けようかと思った。「あのね~、私もテレビに出ているの! それも同じ番組に!!」と。

★   ★
「だめだ! だめだ!」ばかりだとけんたにまたしかられるので、今回は提案をしてみようかと思う。私は「小さな行政府」論者だが、「通貨庁」だけは作るべきだと思っている。通貨とは、国益にかかわる非常に重要なことなのに、誰も政策として真剣に考えていないからだ。為替は経済対策としてもっとも安上がりでパワフルな手段だ。

 安倍総理は、1月22日の施政方針演説で「外国人観光客は、3年連続で過去最高を更新し、政権交代前の2倍以上、1900万人を超えました」と自慢していらっしゃった。しかし、これは(ゼロとは言いませんが)観光庁の貢献というより、1ドル=80円から120円への円安で、日本への旅行費が3分の2になったせいではなかろうか? また総理は同じ演説の中で「『2020年までに農林水産物の輸出を1兆円に増やす』。この目標を3年前に掲げた時、『無理だ』という声が上がりました。『できない』とも言われました。しかし、輸出額は昨年7千億円規模に達し、その結果、『過去最高』を3年連続で更新いたしました」と自慢された。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい