心身衰弱にも繋がる嚥下障害 家族も気づかない初期症状とは

病気

2016/01/12 07:00

「食べる」ことは単に栄養をとるだけでなく、人間の根源的な欲求を満たし、生きる楽しみにもつながる。その妨げとなる「摂食嚥下(せっしょくえんげ)障害」。脳血管障害やのどのがん手術などで高齢者に多く発症するが、本人も気づかないのが怖いポイント。摂食嚥下障害の早期発見や治療などを専門医たちにQ&A方式で聞いた。

あわせて読みたい

  • 誤飲を招く「嚥下障害」 85%が食べられる可能性ありのデータも

    誤飲を招く「嚥下障害」 85%が食べられる可能性ありのデータも

    週刊朝日

    4/4

    誤嚥性肺炎を防ぐ 食事中の注意点とは?

    誤嚥性肺炎を防ぐ 食事中の注意点とは?

    dot.

    9/5

  • 胃ろうを外そう! 自宅で「食べるリハビリ」とは?

    胃ろうを外そう! 自宅で「食べるリハビリ」とは?

    週刊朝日

    4/24

    「食べることが難しくなった」4人に1人は認知症!? 食のトラブル4つの障害を見逃すな

    「食べることが難しくなった」4人に1人は認知症!? 食のトラブル4つの障害を見逃すな

    週刊朝日

    2/2

  • IT機器も活用! 脳卒中の後遺症「タイプ別」リハビリ

    IT機器も活用! 脳卒中の後遺症「タイプ別」リハビリ

    週刊朝日

    7/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す