“雑草”上原と“エリート”松坂、大リーグ・ピッチャーの明暗

2015/05/25 07:00

 メジャーの名門チーム、ボストン・レッドソックスで抑えを任されている上原浩治投手が日米通算100勝100セーブという大記録を達成した。巨人時代は先発ローテーションの軸として活躍した彼だが、メジャー移籍2年目に先発の座を追われ、以来、チームも転々。レッドソックス移籍後に抑え投手の故障でチャンスを得て中継ぎから昇格すると、チームの世界一達成に貢献する活躍ぶりで、40歳になった今季も頑張っている。

あわせて読みたい

  • “不惑の星”上原浩治 メジャーで活躍し続けられる理由

    “不惑の星”上原浩治 メジャーで活躍し続けられる理由

    dot.

    5/20

    巨人三軍からMLB屈指の救援投手へ…澤村拓一が1年前の屈辱から描く“成功物語”

    巨人三軍からMLB屈指の救援投手へ…澤村拓一が1年前の屈辱から描く“成功物語”

    dot.

    6/21

  • 無理を狙え、 いつも、青コーナーから 上原浩治

    無理を狙え、 いつも、青コーナーから 上原浩治

    AERA

    1/6

    41歳上原浩治、引退危機からの復活 「伝説再現」のキーマンに…

    41歳上原浩治、引退危機からの復活 「伝説再現」のキーマンに…

    dot.

    10/5

  • プロ野球巨人・上原が引退発表「サラリーマンの共感を呼ぶ」納得の理由とは

    プロ野球巨人・上原が引退発表「サラリーマンの共感を呼ぶ」納得の理由とは

    AERA

    5/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す