愛人も経費? 宮本輝が小説家の裏話を暴露 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

愛人も経費? 宮本輝が小説家の裏話を暴露

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
作家 宮本輝(みやもと・てる)1947年、兵庫県神戸市生まれ。広告代理店勤務を経て、執筆活動へ。77年「泥の河」で太宰治賞、翌年「螢川」で芥川賞を受賞。著作に『優駿』(吉川英治文学賞)、『約束の冬』(芸術選奨文部科学大臣賞文学部門)、『骸骨ビルの庭』(司馬遼太郎賞)、『水のかたち』『いのちの姿』、『流転の産み』シリーズなど。『田園発港行き自転車』が発売中。2010年秋、紫綬褒章受章。96年から芥川賞選考委員(撮影/写真部・大嶋千尋)

作家 宮本輝(みやもと・てる)1947年、兵庫県神戸市生まれ。広告代理店勤務を経て、執筆活動へ。77年「泥の河」で太宰治賞、翌年「螢川」で芥川賞を受賞。著作に『優駿』(吉川英治文学賞)、『約束の冬』(芸術選奨文部科学大臣賞文学部門)、『骸骨ビルの庭』(司馬遼太郎賞)、『水のかたち』『いのちの姿』、『流転の産み』シリーズなど。『田園発港行き自転車』が発売中。2010年秋、紫綬褒章受章。96年から芥川賞選考委員(撮影/写真部・大嶋千尋)

「泥の河」「螢川」『優駿』『約束の冬』など数々の名作を世に残し、68歳の現在が「いちばん仕事をしている」という作家・宮本輝さん。同じく作家・林真理子さんとの対談である小説家の裏話を語った。

*  *  * 
宮本:僕は京都の花街(はなまち)好きなんですよ。夜あそこを歩いてると、「ああ、生きてるな」という気がする。

林:あそこで遊ぶ男の作家、渡辺淳一先生が最後ぐらいだったんじゃないですか。

宮本:今みんな収入が少なくなったし、税金で認められないしね。けど、舟橋聖一さんは愛人を必要経費として認めさせたという話がある。

林:ほんとですか。

宮本:国税庁の長官に直談判して、「私は痴情小説を書いてるので、愛人は必要経費である」と(笑)。

林:ひぇ~。

宮本:認めたその長官、偉いと思うわ。今はそういうのないですよ。昔は、舞妓が芸妓になって旦那を持つのが普通だったけど、今は旦那がいない芸妓さんが増えてますよ。

林:そうなんですか。

宮本:花街の旦那遊びというのは、京都の場合、個人商店が多いんです。貴金属店とか呉服店とか仏具店とか、京都独特の小商い。だけど蔵の中にお金はある。ところが、何もかもほじり出して税務署が取っていくようになると、奥さんに内緒のカネが使えなくなりますよね。

林:どうですか、売れてる作家として一人ぐらい。

宮本:いや、売れてない、売れてない。あのね、犬一匹飼うんやないんやからね(笑)。

林:でも、文壇から一人ぐらいお願いしますよ。

宮本:一人ぐらいいてもいいけど、村上春樹さんぐらいでないと(笑)。

週刊朝日 2015年5月8-15日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい