私立病院「順天堂」を開かせた西洋好きの堀田正睦 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

私立病院「順天堂」を開かせた西洋好きの堀田正睦

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 佐倉藩藩主として栄えた堀田家。その13代当主堀田正典(まさのり)氏が先祖の秘話を明かした。

*  *  *
 5代・正亮(まさすけ)のときに山形藩から佐倉藩に移りますが、山形には4万石ほどの領地が幕末まで残りました。堀田家が治めていたからでしょう、山形市の蔵王地区は、もとは堀田村といったらしい。今でも蔵王堀田という地名がありますし、陣屋があったところには堀田永久稲荷という神社が残っています。

 幕末にハリスと交渉した正睦(まさよし)は、「西洋堀田」と言われるくらい洋学にのめり込んでいた。長崎でオランダ医学を学んだ佐藤泰然(たいぜん)を佐倉に招き、私立病院「順天堂」を開かせます。医学塾でもあった順天堂には全国から医学生が集まってきて、「西の長崎、東の佐倉」と言われるほどだったそうです。

 泰然の養子・尚中(しょうちゅう)は、東京に順天堂を開き、現在の順天堂大の前身となりました。東京のほうが大きくなりましたけど、おおもとになる佐倉の順天堂も、佐倉順天堂医院としてちゃんと残っています。

 最後の藩主だった正倫(まさとも)は維新のあと佐倉に住みましたが、祖父・正恒の代では東京住まいでした。久しく誰も住んでいなかった佐倉の屋敷は、厚生園という結核療養所に貸していました。ところが戦時中、佐倉に疎開することになり、父は厚生園の患者の方たちと屋敷に住むことになったとか。戦後、結婚して私が生まれたときも、座敷は結核の病人でいっぱいだったと聞いてます。

 私が生まれてすぐに、祖父が亡くなりました。財産税やら相続税で大変だったのでしょう。屋敷は厚生園に売却して甚大寺というお寺に引っ越しました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい