「震災関連死」認定に不公平招く? 半年たつと認められない「長岡基準」とは

東日本大震災

2014/03/07 11:30

 東日本大震災後に、ストレスや持病の悪化などで亡くなった場合、<震災関連死>とされ、市町村の審査会から認められると、遺族に最高500万円の災害弔慰金が支払われる。しかし、その「認定率」に自治体によって大きな差が出ていることが最近、問題になっている。フリーライターの山川徹氏が実態を取材した。

あわせて読みたい

  • 遠慮して申請しない場合も 「震災自殺」がつかめない理由

    遠慮して申請しない場合も 「震災自殺」がつかめない理由

    週刊朝日

    3/10

    東日本大震災「災害関連死」審議の実態 4分で「関連性なし」と判断

    東日本大震災「災害関連死」審議の実態 4分で「関連性なし」と判断

    dot.

    3/11

  • 震災から5年 東電旧経営陣の追訴で新事実が明らかに?

    震災から5年 東電旧経営陣の追訴で新事実が明らかに?

    週刊朝日

    1/6

    口腔ケアが命を守る! 災害時に歯を磨かず…高齢者は肺炎リスクに要注意

    口腔ケアが命を守る! 災害時に歯を磨かず…高齢者は肺炎リスクに要注意

    週刊朝日

    3/14

  • 震災関連死はこうして防げ! 9つの予防策とは

    震災関連死はこうして防げ! 9つの予防策とは

    AERA

    8/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す