鳳華氏 AKB板野友美は「ソロ歌手より玉の輿がおすすめ」と予測 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

鳳華氏 AKB板野友美は「ソロ歌手より玉の輿がおすすめ」と予測

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 年内でAKB48から卒業することを発表した板野友美。ソロデビューも果たした彼女だが、東洋易学と西洋占星術を基に運命分析を行う鳳華さんは、彼女にはソロ歌手よりもおすすめのものがあるという。

*  *  *
 板野さんは、俗称・無邪気星の「金の星」。グループ内で明るく振る舞ってきたように見えますが、実は「金の星」は集団生活が苦手です。昔から独立を望んでいたそうですが、当然のことだと思います。

 今年の運気は「躍」。やり直しに最適の時期です。2005年、第1期生としてデビューした年は、「種」という最低運気でした。この時期に始めたことは4年後に破たんするリズムがありますが、8年も経ってしまいましたね。

 俳優やモデルは天職ですが、今後の歌手活動はタブーと出ています。いっそ結婚を考えてみては。「金の星」は恋多き星。モテモテの人生が続きます。来年は「財」。玉の輿の運が高まる時期でもあります。

 ただ、噂にのぼったEXILEのTAKAHIROさん(石の星)とはうまくいきません。お互いが束縛し合って、よい部分を消し合う相性なのです。やり直しに適した今年、よくよく考えて、来年を見据えた再出発をしてほしいと思います。

週刊朝日 2013年3月8日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい