「やられていたべな」 被災者が「避難渋滞」でつぶやいた不安

2012/12/11 16:00

 津波の到来を警告するサイレンの音が、薄闇の町中に鳴り響いた。12月7日午後5時半、宮城県石巻市の会社員、日野正雄さん(65)は、自家用車に子ども2人と孫1人を乗せ、高台に向かって走った。だが、幹線道路は渋滞で身動きできなくなった。

あわせて読みたい

  • 5分で逃げれば助かる 津波避難のための教訓

    5分で逃げれば助かる 津波避難のための教訓

    AERA

    3/11

    福島県沖の津波から学ぶ、私たちができること

    福島県沖の津波から学ぶ、私たちができること

    tenki.jp

    11/29

  • 「特務機関NERV」トンガ噴火の「津波」通知「最も早かった」の声 23日前に実装した機能も活躍

    「特務機関NERV」トンガ噴火の「津波」通知「最も早かった」の声 23日前に実装した機能も活躍

    AERA

    2/1

    意識の備えを~東日本大震災から4年~

    意識の備えを~東日本大震災から4年~

    tenki.jp

    3/11

  • 震度6強の福島県沖地震と南海トラフ地震の関係は? 専門家が懸念するフィリピン海プレートへの影響

    震度6強の福島県沖地震と南海トラフ地震の関係は? 専門家が懸念するフィリピン海プレートへの影響

    AERA

    3/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す