「安倍型インフレ」の資産防衛は外貨商品と国内不動産

安倍政権

2012/11/29 07:00

 自民党の安倍晋三総裁が唱える大胆な金融緩和政策。それが実施された場合に予想される「安倍型インフレ」に備えて、庶民は資産防衛の手立てをどのように講じておけばいいのか。慶応義塾大学の小幡績(おばた・せき)准教授は、外貨建て資産への分散投資などをすすめる。

あわせて読みたい

  • 1ドル=200円時代も 不動産と金は大丈夫?

    1ドル=200円時代も 不動産と金は大丈夫?

    週刊朝日

    1/30

    「日本破綻」を生き抜くボーナス運用術
    筆者の顔写真

    藤巻健史

    「日本破綻」を生き抜くボーナス運用術

    週刊朝日

    12/24

  • 元手10万円から始めるヘッジファンド レアな投資術でリスクに備える

    元手10万円から始めるヘッジファンド レアな投資術でリスクに備える

    AERA

    7/17

    「円預金」だけで大丈夫? インフレと円安の「目減り」阻止に「分散投資」

    「円預金」だけで大丈夫? インフレと円安の「目減り」阻止に「分散投資」

    週刊朝日

    8/1

  • 日本で進む「脱デフレ」は“悪いインフレ” 景気悪化にインフレが重なる“スタグフレーション”の危機も

    日本で進む「脱デフレ」は“悪いインフレ” 景気悪化にインフレが重なる“スタグフレーション”の危機も

    AERA

    5/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す