児童養護施設・5歳女児の「おばさん死ね」が意味するもの

2012/02/09 08:30

 虐待や親の失踪などが原因で、親元で暮らせない子は約4万7千人。児童養護施設は、そのうち6割強にあたる約3万人が暮らす最大の受け皿だ。ノンフィクションライターの橘由歩氏が訪れた施設で目にしたのは、職員の献身的な努力で何とか安定を保っている危うい現実だった。悩み苦しみながら、互いに向き合おうとする子どもと職員の姿を追うなかで、5歳の女児から言われた一言にショックを受けたという。

あわせて読みたい

  • 虐待を受けた小学男児が「俺はもう死んだ方がいい」と言う現実

    虐待を受けた小学男児が「俺はもう死んだ方がいい」と言う現実

    週刊朝日

    2/17

    授業料免除に月10万の奨学金も 児童養護施設出身の学生を支援する大学続々

    授業料免除に月10万の奨学金も 児童養護施設出身の学生を支援する大学続々

    AERA

    6/1

  • 「親から得られなかった愛情を施設で受けた」児童養護施設出身の女性が同じ境遇の若者を支援 山本昌子<現代の肖像>

    「親から得られなかった愛情を施設で受けた」児童養護施設出身の女性が同じ境遇の若者を支援 山本昌子<現代の肖像>

    AERA

    11/28

    バイト代200万と顔も知らなかった父からの援助で…児童養護施設から叶えた大学進学の夢

    バイト代200万と顔も知らなかった父からの援助で…児童養護施設から叶えた大学進学の夢

    AERA

    6/1

  • ドラマ『明日、ママがいない』で注目

    ドラマ『明日、ママがいない』で注目 "社会的養護"とは? 

    BOOKSTAND

    3/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す