事件をでっち上げて出世「検察利権」

2010/10/07 19:28

 今さら記すまでもなく、この国は官僚天国である。特に国家公務員1種試験に合格した高級官僚──いわゆるキャリア官僚は絶大な権限を持ち、退職後も外郭団体や企業への「天下り」や「渡り」を繰り返して、栄華を享受してきた。
 大阪地検特捜部の押収資料改竄事件で未曽有の激震に見舞われている法務・検察も同様だ。彼らは通常、「準司法機関」として特別扱いされることが多いものの、実のところ行政権の一翼に属する官僚組織に過ぎない。そして近年の法務・検察は、中央省庁の中でも飛び抜けて権益多き"美味いしい官庁"と化しているのだ。
 事務次官が官僚トップに君臨する他の中央省庁の秩序とは異なり、司法試験に合格した検事が組織の中枢を占める法務・検察は、検事総長を頂点とする独特の組織形態を取っている。
 その『権力序列』は、

あわせて読みたい

  • 「黒川騒動」は一体何だったのか…“ミスター検察”と呼ばれた男も巻き込まれた政府の人事介入問題の根源

    「黒川騒動」は一体何だったのか…“ミスター検察”と呼ばれた男も巻き込まれた政府の人事介入問題の根源

    dot.

    7/25

    東京高検の黒川検事長の定年延長問題 検事正の乱「国民からの信頼が損なわれる」

    東京高検の黒川検事長の定年延長問題 検事正の乱「国民からの信頼が損なわれる」

    週刊朝日

    2/24

  • 「事実上、安倍政権の指揮権発動」法曹界が黒川検事長の定年延長に反発

    「事実上、安倍政権の指揮権発動」法曹界が黒川検事長の定年延長に反発

    週刊朝日

    2/4

    「政治」と「検察」の力関係はいかに変化したのか…背景に護送船団崩壊と検察不祥事

    「政治」と「検察」の力関係はいかに変化したのか…背景に護送船団崩壊と検察不祥事

    dot.

    7/25

  • イトマン事件を指揮した元検事総長が黒川氏退職金問題を喝「法相とは口もきかない」

    イトマン事件を指揮した元検事総長が黒川氏退職金問題を喝「法相とは口もきかない」

    週刊朝日

    6/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す