YOASOBIが“初の一般誌表紙”に登場!蜷川実花が撮影した「AERA 2月8日号」は2月1日発売

巻頭特集は「コロナ禍のがんリスク」/ジャイアント馬場と妻の往復書簡を巡る秘話を独占先行公開

2021/01/29 18:43

 2月1日発売のAERA 2月8日号の表紙に、「夜に駆ける」の大ヒットで紅白にも出場したYOASOBIが登場します。一般誌の表紙を飾るのは、今回が初めて。コラム「表紙の人」や3ページにわたるカラーグラビア&インタビューでは、怒濤の2020年や紅白の舞台裏、今後のYOASOBIについて語っていただきました。撮影はもちろん、蜷川実花です。この号の巻頭特集は「コロナ禍のがんリスク」。検診控え・受診控えで早期発見の機会が失われている実態を取材しました。今年23回忌を迎えるジャイアント馬場さんが、妻とやりとりした往復書簡を巡る秘話も、独占掲載しています。

あわせて読みたい

  • 「がん検診控え」で未発見1万人の可能性も 「死亡も増えるのではないか」専門家が懸念

    「がん検診控え」で未発見1万人の可能性も 「死亡も増えるのではないか」専門家が懸念

    AERA

    2/4

    新型コロナ 全国に広がる受診検診控えで「持病悪化、進行がん増加」 医師らが警告

    新型コロナ 全国に広がる受診検診控えで「持病悪化、進行がん増加」 医師らが警告

    AERA

    8/23

  • 前立腺がん治療数全国トップ病院 新型コロナでも治療数が減らなかった理由とは?

    前立腺がん治療数全国トップ病院 新型コロナでも治療数が減らなかった理由とは?

    dot.

    5/4

    不要不急で減ったがん検診に危惧 約2100人が未発見の可能性も

    不要不急で減ったがん検診に危惧 約2100人が未発見の可能性も

    週刊朝日

    7/8

  • 自治体が今注目する“八王子方式”「がん検診」とは?

    自治体が今注目する“八王子方式”「がん検診」とは?

    週刊朝日

    12/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す