YOASOBIが“初の一般誌表紙”に登場!蜷川実花が撮影した「AERA 2月8日号」は2月1日発売 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

YOASOBIが“初の一般誌表紙”に登場!蜷川実花が撮影した「AERA 2月8日号」は2月1日発売

巻頭特集は「コロナ禍のがんリスク」/ジャイアント馬場と妻の往復書簡を巡る秘話を独占先行公開

 2月1日発売のAERA 2月8日号の表紙に、「夜に駆ける」の大ヒットで紅白にも出場したYOASOBIが登場します。一般誌の表紙を飾るのは、今回が初めて。コラム「表紙の人」や3ページにわたるカラーグラビア&インタビューでは、怒濤の2020年や紅白の舞台裏、今後のYOASOBIについて語っていただきました。撮影はもちろん、蜷川実花です。この号の巻頭特集は「コロナ禍のがんリスク」。検診控え・受診控えで早期発見の機会が失われている実態を取材しました。今年23回忌を迎えるジャイアント馬場さんが、妻とやりとりした往復書簡を巡る秘話も、独占掲載しています。

 2月1日発売の2月8日号は、表紙にYOASOBIを起用しました。YOASOBIは、コンポーザーのAyaseさんとボーカリストのikuraさん二人による音楽ユニット。2019年10月に結成され、翌11月には第1弾楽曲「夜に駆ける」を発表。YouTubeで公開したミュージックビデオが、現在までに1億5000万回以上再生されています。テレビで初めて歌ったのが20年末の紅白。そして一般誌の表紙を初めて飾るのが、今回のAERAとなりました。

「夜に駆ける」発表以降の1年を振り返って、「10歳くらい老けた気がする」とAyaseさんが言えば、「一気に大人の階段を上り始めた感じです」とikuraさん。インタビューでは、子ども時代のことやユニット結成以前のそれぞれの活動、今後のYOASOBIについて、縦横無尽に語っています。

 この号の巻頭特集は「コロナ禍のがんリスク」。コロナ禍でがん検診は一時ストップし、受診者数も激減。日本対がん協会のがん検診研究グループは、2020年度、「がんが発見されなかった人は少なくとも1万人」と見通しています。検診控え、受診控えがどんなリスクをもたらすのか。詳細に取材しました。

 悪性リンパ腫からの「完全寛解」を果たした笠井信輔アナウンサーも、妻の茅原ますみさんとともにインタビューに応じています。診断を受けるまでに4カ月を要し、診断されたときにはステージIVだったという笠井さん。意外にも、自身のがんについて、ネットで検索することはしなかった、と話します。ご夫妻はどんな風に情報に向き合ったのでしょうか。そこから、闘病中に心の安定を保つコツが見えてきました。

 さらに、1999年になくなり、今年23回忌を迎える伝説のヒーロー、ジャイアント馬場さんが妻と交わした往復書簡を巡る秘話も掲載。1千通にも及ぶという二人が交わした「ラブレター」が書籍化されることを受け、「東洋の巨人」の知られざる愛の物語を、秘蔵写真とともに独占先行掲載します。

 ほかにも、
・看護師たちの悲鳴「使命感だけではもう限界」
・保健所職員たちも「燃え尽き寸前」
・ひとりぼっちで療養「経験者」が語る孤独・不安・偏見と打ち勝つ方法
・岩田剛典インタビュー「かっこつけないかっこよさを知りました」
・「推し」のよさをプレゼンし合う異種格闘技大會をルポ
・文在寅大統領「徴用工判決」発言軟化でも日韓関係改善は薄氷の上
・辺野古新基地「共用」日米極秘合意 スクープした記者が内幕を寄稿
・海外ドナーの提供精子・卵子で出産「出自を知る権利 守りたい」
・ピュリツァー賞写真家が捉えた米大統領交代の「瞬間」
 などの記事を掲載しています。

AERA(アエラ)2021年2月8日号
定価:364円+税
発売日:2021年2月1日(月曜日)
https://www.amazon.co.jp/dp/B08T3V6QLM


トップにもどる お知らせ一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい