なぜ「忙しい」と激務アピールをやめられないのか 現代社会の罠から抜け出す初めの一歩とは

2023/01/18 07:00

 毎日忙しい。だが、私の人生、これでいいのだろうか――。ふと、こんな疑問がわく人も少なくないだろう。そんな人に、「人生を長期戦略で考える」ことをすすめるのが、新進気鋭の経営思想家、ドリー・クラーク氏だ。ドリー氏は、「Thinkers 50」(2年に1度選ばれる世界の経営思想家トップ50)に2回連続で選出。彼女の著書『ロングゲーム 今、自分にとっていちばん意味のあることをするために』(ドリー・クラーク著/桜田直美訳/伊藤守監修/ディスカヴァー・トゥエンティワン)から、最初の一歩の踏み出し方について、一部抜粋・編集して紹介する。

あわせて読みたい

  • もしも横尾忠則が新聞の編集局長だったら 「記事で埋めず空白を作ります」
    筆者の顔写真

    横尾忠則

    もしも横尾忠則が新聞の編集局長だったら 「記事で埋めず空白を作ります」

    週刊朝日

    10/22

    「読んで満足」自己啓発書 言語レベルは「中堅高校に通う高校生くらい」

    「読んで満足」自己啓発書 言語レベルは「中堅高校に通う高校生くらい」

    7/14

  • 生きるのが下手な子どもに必要なのは「戦略思考法」だった

    生きるのが下手な子どもに必要なのは「戦略思考法」だった

    dot.

    10/6

    脳出血・麻痺から復活の塩見三省「ずっと死ぬことばかり考えていた」

    脳出血・麻痺から復活の塩見三省「ずっと死ぬことばかり考えていた」

    週刊朝日

    10/1

  • 浜矩子「高校の国語教育『改悪』は、日本の若者から反論する知性を奪いかねない」
    筆者の顔写真

    浜矩子

    浜矩子「高校の国語教育『改悪』は、日本の若者から反論する知性を奪いかねない」

    AERA

    4/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す