知らない大人に話しかけられたら「無視していい」と教えるべき? 専門家に聞く、夏休みの防犯対策

AERAwithKids

2022/07/23 11:30

 警察庁の統計によると、2020年に小学生が誘拐された事件の認知件数は66件。不安な親御さんも多いのではないでしょうか。夏休みは親の目が届きにくくなるため、防犯教育を再確認しておきたいもの。危険なサインや防犯の方法について、日本こどもの安全教育総合研究所理事長の宮田美恵子さんに話を聞きました。現在発売中の『AERA with Kids 2022夏号』(朝日新聞出版)から一部抜粋してご紹介します。 

あわせて読みたい

  • 小学校の「正門前」は盲点? 練馬の児童切りつけ事件

    小学校の「正門前」は盲点? 練馬の児童切りつけ事件

    AERA

    7/2

    防犯ブザー使えた子供わずか2.7% 防衛に「疑似体験」を

    防犯ブザー使えた子供わずか2.7% 防衛に「疑似体験」を

    AERA

    4/1

  • 不審者は「黒いサングラス」じゃない 危ない隣人から子どもを守るには?

    不審者は「黒いサングラス」じゃない 危ない隣人から子どもを守るには?

    週刊朝日

    10/2

    川崎殺傷事件“自爆テロ型”にどう対処する? 子どもを守る新たな方策

    川崎殺傷事件“自爆テロ型”にどう対処する? 子どもを守る新たな方策

    AERA

    6/3

  • 子ども連れ去り事件 多発するのは「隙間」時間?

    子ども連れ去り事件 多発するのは「隙間」時間?

    AERA

    9/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す