都会にすむタヌキやアナグマは「早食い」だった! 最新研究でわかった知られざる生態とは?

アナグマ

2022/07/20 17:00

 シカ、イノシシ、サルなどの野生動物が、大都市圏に出没というニュースがよく聞かれるようになった。シカやイノシシは近づくと危険なので出没すると大騒ぎになる。一方、タヌキやアナグマのように小型で人にあまり害を及ぼさない動物は、すでに都市の森や周辺の住宅街にまでしっかりと分布を広げている。では、都市に進出した動物はどんな生活をしているのだろう? 現在好評発売中の小中学生のためのニュースマガジン『ジュニアエラ7月号』(朝日新聞出版)から紹介する。

あわせて読みたい

  • クマは大型哺乳類なのにどうして「冬眠」するの?七十二候熊蟄穴(くまあなにこもる)

    クマは大型哺乳類なのにどうして「冬眠」するの?七十二候熊蟄穴(くまあなにこもる)

    tenki.jp

    12/11

    奈良・春日山の原始林と、野山に生きるネコがつむぐ「生命」 写真家・越沼玲子

    奈良・春日山の原始林と、野山に生きるネコがつむぐ「生命」 写真家・越沼玲子

    dot.

    7/9

  • 森の守護獣?危険な猛獣?もしもクマが山からいなくなったら…?

    森の守護獣?危険な猛獣?もしもクマが山からいなくなったら…?

    tenki.jp

    6/5

    ブライアン・メイ、野生動物保護を目的とした新フレグランス発売

    ブライアン・メイ、野生動物保護を目的とした新フレグランス発売

    Billboard JAPAN

    1/12

  • 雷雲から落ちてきた? 魔獣・ハクビシン大増殖中!?

    雷雲から落ちてきた? 魔獣・ハクビシン大増殖中!?

    tenki.jp

    5/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す