プログラミングは幼児から? デジタル時代の子どもに「STEAM教育」が必須の理由

STEAM教育

2021/10/11 09:00

STEAM教育が育む力とは(写真はイメージです/GettyImages)
STEAM教育が育む力とは(写真はイメージです/GettyImages)

 理数教育から一歩進んだSTEAM(スティーム)教育が注目を集めています。どんなことを学び、どうして今の時代に必要なのか。『AERA English特別号「英語に強くなる小学校選び2022」』では、教育とデジタルの関係に詳しい石戸奈々子さんに聞きました。

【STEAM教育で伸びる5つの力とは?】

*  *  *
 STEAM教育の重要度が高まっている。STEAMとは、「Science(科学)」「Technology(技術)」「Engineering(工学)」「Art(芸術)」「Mathematics(数学)」の頭文字。これらに関する知識やノウハウの価値がさらに増すと考えられている。

 NPO法人CANVASの理事長としてSTEAM教育の普及に励む石戸奈々子さんが説明する。

「AI(人工知能)やロボット、モノとインターネットがつながるIoTの発達など、技術革新が進んだ社会で、私たちの生活は科学、技術、工学、芸術、数学の要素に囲まれています。それらの知識が基礎教養となるのは当然です」

 多様なデータを社会の発展に生かす技術革新を「第4次産業革命」と呼ぶ。文部科学省が2020年度に小学校のプログラミング教育を必修化したのも、第4次産業革命を意識してのものだ。

■ワクワク感が学びの原動力に

 プログラミングというと、パソコンの真っ暗な画面に暗号のようなものを打ち込む難解なイメージがあるかもしれない。だが、そこにも技術革新が及ぶ。未就学児でも直感的に使えるアプリケーションやソフトウェアが多く登場している。石戸さんは言う。

「お絵描きのような感覚ですよね。直感的に扱えるプログラミング言語を活用して、タッチパネルで絵やブロックを動かしたり、音楽を作ったりできます。自分の指示どおりに何かを動かしたり生み出したりする体験は楽しいもの。そのワクワク感が学びの原動力になっていると思います」

 実際、テニスゲームを作ろうとしている小学生が、ゲームの質を高めるために、高校で学ぶ三角関数を身につけた例もあるという。

NEXT

今の子どもたちに特有の「ある意識」とは

1 2

あわせて読みたい

  • 来年から全小学校で必修化 「プログラミング教育」の気になる中身

    来年から全小学校で必修化 「プログラミング教育」の気になる中身

    dot.

    8/25

    プログラミングって意外に簡単? 親子で試せるおもちゃ&ロボット

    プログラミングって意外に簡単? 親子で試せるおもちゃ&ロボット

    dot.

    12/29

  • 小学生が授業で遠隔プログラミング オーストラリアの農業の課題に挑む

    小学生が授業で遠隔プログラミング オーストラリアの農業の課題に挑む

    AERA

    11/28

    2020年の小学校1年生のデジタルライフがスゴイ

    2020年の小学校1年生のデジタルライフがスゴイ

    BOOKSTAND

    9/24

  • 日本は後れている? デジタル教育最前線を知る専門家の意見とは

    日本は後れている? デジタル教育最前線を知る専門家の意見とは

    BOOKSTAND

    3/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す