「2歳の息子にレトルト食ばかり与える妻に不満」 父親の悩みにアドバイスは? (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「2歳の息子にレトルト食ばかり与える妻に不満」 父親の悩みにアドバイスは?

連載「子育ての悩みを「論語」で解決!」

「論語パパ」こと山口謠司先生

「論語パパ」こと山口謠司先生

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

 2歳の息子にレトルトの幼児食ばかり与える妻。夫は、仕事が忙しく子育てに時間をかけられないものの、妻のレトルト食に不満を募らせています。ただ、妻に不満を言いづらいという悩みももっています。「論語パパ」こと中国文献学者の山口謠司先生が、「論語」から格言を選んで現代の親の悩みに答える本連載。今回の父親へのアドバイスはいかに。

【NGな夫婦の話し方】「妻が絶望する言葉」と「夫が絶望する行為」とは…

*    *  *
【相談者:2歳の息子を持つ40代の父親】
 2歳2カ月の息子を持つ40代の父親です。妻の育児に不満があります。妻には、子どもに幼少期から十分な愛情を注いでもらいたく、妊娠を機に専業主婦になってもらいました。しかし先日、台所に大量のレトルトの幼児食がストックされているのを見つけました。聞くと、「朝と昼はいつもぶっかけご飯にしているため、まとめ買いした」とのこと。私が仕事で家にいない間、息子がレトルトの味に慣れてしまい、「レトルト以外のものを食べなくなるのでは」「将来、インスタントラーメンばかり与えるのでは」と心配です。ただ、自分は子育てに時間をかけられるわけではないので、不満を口にしづらいです。さらに話し合いをしようとしても妻は「自分は大変」と主張するだけで全く解決に至りません。どうしたら妻への不満を解消できるでしょうか。

【論語パパが選んだ言葉は?】
・「唐棣(とうてい)の華(はな)、偏(へん)として其(そ)れ反(はん)せり。豈(あ)に爾(なんじ)を思わざらんや、室(しつ)の是(こ)れ遠ければなり。子曰わく、未(いま)だ之(こ)れを思わざるなり。夫(そ)れ何の遠きことか之れ有らん」(子罕第九)

・「参(しん)よ、吾が道は一以って之れを貫く」
「夫子(ふうし)の道は忠恕(ちゅうじょ)のみ」(里仁第四)

【現代語訳】
・「『ニワザクラの花が、美しくひらひらと揺れている。あなたを恋しいと思うのだけど、なにぶんあなたのお住まいが遠すぎて――』。先生はおっしゃった。遠いと思うのは、相手の女性を心の底から思ってはいないから。本当に会いたいと思うのであれば、家の遠さぐらいはふっとぶ。なんの遠いことがあるものか」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい